ICNND・NGOアドバイザー、川崎哲(ピースボート共同代表)による論説記事 An op-ed by Akira Kawasaki, ICNND NGO adviser and Peace Boat Exec. Committee Member

24/04/2010

ICNND・NGOアドバイザーの川崎哲ピースボート共同代表によるジャパン・タイムズの論説を紹介します。

ICNND勧告の実行に関連して、日本政府内における核軍縮への抵抗があることを指摘するとともに、核兵器禁止条約の必要性を説いているものです。

こちらから記事を見ることができます。(英語)

The following is an opinion editorial in the Japan Times by Akira Kawasaki, ICNND NGO adviser and a member of the Executive Committee of Peace Boat.

Concerning the implementation of the ICNND recommendations, the article argues for the need of a treaty that bans nuclear weapons and points out the Japanese government’s resistance to nuclear disarmament.

Click here to view the article. (English Only)


「日豪パッケージ」は軍縮に乏しい内容 — 「唯一の役割」を採用せず Japan-Australia Joint Package content limited in disarmament– not adopting the “Sole-Purpose” policy

27/03/2010

3月23日、日本とオーストラリアの両政府は、来る5月の核不拡散条約(NPT)再検討会議に向けて、政策文書「核軍縮・不拡散の新しいパッケージ」(日豪パッケージ)を発表しました。
16項目からなるこの日豪パッケージは、冒頭で2000年NPT再検討会議における核廃絶への「明確な約束」を再確認しているものの、核軍縮に関する実質的な内容はきわめて乏しいものです。
とりわけ、このパッケージは、昨年12月に発表された日豪政府主催の有識者委員会(ICNND)による提言に基づいていながら、核軍縮に関してはICNND提言から大きく後退した内容になっています。

具体的には、ICNND提言の中でもっとも重要な提言の一つであった「核兵器の役割を核の抑止という『唯一の役割』に限定する」という政策への言及がありません。「唯一の役割」政策は、核の「先制不使用」とほぼ同じ意味であり、核の役割を減らすための重要なステップとして国際的に注目されていました。

On March 23rd, the Japanese and Australian government released a policy paper, “A New Package of Nuclear Disarmament and Non-Proliferation” (Japan-Australia Joint Package), for the upcoming Review Conference of the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons (NPT).

Although this package of 16 proposals reaffirms the ” unequivocal undertaking” for nuclear abolition from the NPT Review Conference in 2000, the actual statements on nuclear disarmament are extremely limited. Above all, even though this package is based on the recommendations by the ICNND released last December, it greatly retrogresses from them. In particular, there is no mention of one of the most important of the ICNND recommendations, “to limit the role of nuclear weapons to the “sole-purpose” of deterrence of nuclear attacks”. The “Sole-Purpose” policy is equivalent to the “No-First-Use” of nuclear weapons, gaining international attention as a significant step in decreasing the role of nuclear weapons.
続きを読む »


岡田外相、豪州訪問にて日豪共同宣言発表 Foreign Minister Okada visits Australia and releases join statement with Foreign Ministers of Australia.

27/02/2010

岡田外相は2月21日にスミス豪外相と会談をし、核軍縮・不拡散についての共同ステートメント「核兵器のない世界をめざして」を発表。 5月のNPT再検討会議に向けてより実践的な対応を追求していくことで一致した。

On February 21st, Foreign Minister Okada met with Australia’s Foreign Minister Smith and released a joint statement on nuclear disarmament and non-proliferation, “Toward a World Without Nuclear Weapons.” They agreed on pursuing a practical approach toward the NPT review conference in May.

こちらが本文です:日本語

View the statement: English

続きを読む »


ICNND広島会合に対するNGO・市民の反応

18/11/2009

ICNND広島会合における「市民社会との対話」や、その後の共同議長発表に対するNGO・市民の反応を紹介します。

●国際NGOの共同声明(11月6日)
→当該記事へのリンクはこちらから。
  
●舟橋喜恵さん(原爆被害者相談員の会)の投稿
栗原淑江さん発行の月刊「自分史つうしん ヒバクシャ」に、原爆被害者相談員の会の舟橋喜恵さんが、「ICNND広島会合へ日本のNGO・市民たちが核兵器廃絶の早期実現を訴える」という投稿をしておられますので、紹介します。                                                 本文はこちらから。