ICNND第5回会合が開催されました

15/07/2010

 72日〜4日にオーストリアのウィーンにおいて核不拡散・核軍縮に関する国際委員会の最後の会合となる第5回会議が開催されました。
 この会合では、川口順子・ギャレス・エバン共同議長から「共同声明」が、また、ICNNDからはこの会議を総括する形で「ウィーン・コミュニケ」が出されました。
 各々の詳細は以下らか、ご覧いただけます。

共同声明(Joint Statement)/English Only

コミュニケ(Vienna Communique)/English Only


ICNNDの重要な勧告と日本の政策 ICNND’s important recommendations and Japan’s policy.

14/01/2010

12月15日に発表されたICNND報告書の中で、日本にとってとりわけ重 要な勧告について解説する資料(作成:川崎哲・NGOアドバイザー/ピースボー ト)を以下に掲載します。
①核の役割限定、②核兵器禁止条約、③核燃料サイク ルの3点について、簡潔に説明しています。
こちらから
また、ICNNDは、全300ページ(76項目の勧告を含む)にのぼる報告書の内容について、テーマごとに「情報シート」に分けてオンラインで公表しています。
全25枚に分かれる「情報シート」のうち、
「No.9 核ドクトリン:先制不使用(NFU)と『唯一の目的』宣言」の全訳(訳・NGO連絡会)を以下に紹介します。
こちらから

情報シートNo.9 の原文はこちらから
情報シートへのリンクはこちらから。

We have posted a document (created by Akira Kawasaki, NGO adviser/ Peace Boat) that explains the important recommendations concerning Japan from the ICNND report that was released on December 15th.
It briefly explains about

  1. Limiting The Role of Nuclear Weapons
  2. The Nuclear Weapons Convention
  3. The nuclear fuel cycle

    Click here to view the document. (Japanese version only)

Also, the ICNND has organized the 300-page report (including 76 recommendations) into an “information sheet” according to each theme, posting it on the web.

Of the 25 pages of the “information sheet”, the Japanese translated version of“No. 9 Nuclear Doctrine: No First Use And `Sole Purpose` Declarations” can be viewed here. Click here to view the original text of the “Information Sheet” No.9.Click here to view the entire content of the “Information Sheet”.


ICNND報告書「核の脅威を絶つために」 ICNND Report: Eliminating Nuclear Threats

16/12/2009

ICNND報告書「核の脅威を絶つために(Eliminating Nuclear Threats)」の“概要(Synopsis)”部分の和訳(外務省作成)はこちらから読むことができます。なお、この“概要”にはすべての勧告が盛り込まれているわけではありません。報告書は全部で76項目の勧告を行っており、巻末に「勧告一覧」としてまとまっていますが、それはまだ日本語訳されていません。報告書の全文(英語)はこちら、「勧告一覧」(英語)はこちらから。

勧告のなかで重要なポイントを指摘したNGOアドバイザーの川崎哲氏(ピースボート共同代表)のメモは、こちらから。

The ICNND Report “Eliminating Nuclear Threats” was released yesterday, and includes 76 recommendations. The full report and a list of recommendations can be read on the ICNND website.
At this stage, the only information available in Japanese is a draft translation of the Synopsis of the report prepared by the Japanese Ministry of Foreign Affairs. While this does not include all recommendations, it can be read here.


ICNND報告書、12月15日に発表(ラッド首相、エバンズ議長来日) ICNND Report to be launched on 15 December (PM Rudd and Co-Chair Evans coming to Japan)

11/12/2009

来る12月15日(火)にケビン・ラッド豪首相とギャレス・エバンズICNND共同議長(豪元外相)が来日し、その日に、エバンズ・川口両議長が、鳩山・ラッド両首相に報告書を手渡すということが、外務省によって正式発表されました(外務省のプレスリリースはこちら)。『核の脅威の除去(Eliminating Nuclear Threats)』と題する報告書は、12月15日以降、ICNNDのホームページからダウンロードできるようになります(こちら)。

The Japanese Ministry of Foreign Affairs has officially announced that on the coming 15 December (Tues), Australian Prime Minister Kevin Rudd and ICNND Co-Chair Gareth Evans (former Foreign Minister) will be travelling to Japan, and Co-Chairs Evans and Kawaguchi will be presenting the ICNND Report to Prime Ministers Rudd and Hatoyama in person (MOFA’s release can be seen here. The report, entitled “Eliminating Nuclear Threats,” will be downloadable from the ICNND homepage from 15 December (here).

両首相への報告書手渡しの後に、午後5時から、エバンズ・川口両議長と日本のNGOの意見交換会が開催されます。(この意見交換会には、ICNND日本NGO連絡会に会員の個人・団体を中心に、同連絡会の運営委員会が参加者を調整して設定しています。)また、この意見交換会の終了後、午後6時45分からは弁護士会館(霞ヶ関)にてNGOによる記者会見が開かれます。日本や豪州を含む世界のNGOは、広島・長崎市長らと協力して、共同声明を発表する予定です。(NGOによるプレスリリースはこちら

Following the presentation of the report to the Prime Ministers, Co-Chairs Evans and Kawaguchi will be holding a session with Japanese NGOs (the steering committee of the ICNND Japan NGO Network is currently finalising the participants in this session, who will mostly be individuals and organisations participating in the Network). After this session, an NGO Press Conference will be held at Bengoshi Kaikan (Kasumigaseki, Tokyo) from 6:45 pm. NGOs from Japan, Australia and around the world, in cooperation with the Mayors of Hiroshima and Nagasaki, are planning to announce a joint statement at this time.  (Read the related NGO press release here  English press release is here).


ICNND報告書「行動計画」の概要 Outline of ICNND Report “Action Plan”

11/11/2009

ICNND日本NGO連絡会は、ICNNDの日本側事務局(日本外務省)がまとめた報告書「行動計画」の概要を入手しました。これは、広島会合終了後の10月23日に川口共同議長が東京でおこなった記者会見で配られたものと同内容であり、また、外務省はこの内容で日本の国会議員への説明を行っています。

報告書・行動計画の概要はこちらから 

英語(仮訳)はEnglish (unofficial translation) is here

The ICNND Japan NGO Network has obtained a copy of the outline of thereport’s  “action plan” made by the ICNND Japan Secretariat within the Ministry of Foreign Affairs. This was distributed at the press conference held by Co-Chair Kawaguchi Yoriko at the press conference held on 23 October in Tokyo following the Hiroshima meeting, and also at an information session held by MOFA for Japanese parliamentarians.

The Japanese document can be downloaded here.

English (unofficial translation) is here.


「2025年に千発」合意できず。2012年までに役割限定宣言、2025年までに先制不使用 No agreement on “1000 nukes by 2025”, sole purpose declaration in 2012, non first use in 2025

20/10/2009

IMG_3788

(写真は、10月17日に市民社会との対話にのぞむ両共同議長。被爆者や市民の訴えをどう聞いたのだろうか)

ICNND広島会合が終わり、共同議長による記者会見が開かれ、委員会として報告書に盛り込む内容の概要が発表されました。報道によると、(1)2025年までに「核兵器が1,000発の世界」をめざすという案があったが、それの合意は達成できなかった。記者会見では2025年にめざす数字は発表されなかった(共同通信は「2025年に2,000発前後に設定したとみられる」と報じています)、(2)核兵器の役割の縮小に関しては、「核の唯一の役割は核抑止である」とする宣言を2012年までに、核の「先制不使用」を2025年までに達成することが「委員会で合意された」とのことです。これらの報道へのリンクを以下に紹介します。

The ICNND meeting has concluded, and through a press conference by the Co-Chairs the overall summary of contents to be included in the Commission’s report has been announced.  According to media reports, 1) although there was a proposal to aim for “a world with only 1,000 nuclear weapons” by 2025, agreement was not reached on this point. The number to be aimed for by 2025 was not announced at the press conference (Although Kyodo Tsushin has reported that the number will likely be set at around 2,000 by 2025) , 2) In regards to the reduction of the role of nuclear weapons, the Commission agreed that “the only role of nuclear weapons is for nuclear deterrence” should be declared by 2012, and that “non-first use” should be declareed by 2025.
Media links on this topic are listed below.

核廃絶行動計画で合意 国際賢人会議 2009.10.20 共同通信 (Kyodo Tsushin)

核廃絶行動計画で合意 国際賢人会議 2009.10.20 デイリースポーツ (Daily Sports)

核先制不使用25年までに=核軍縮国際委が閉幕-広島 2009.10.20 時事通信 (Jiji Tsushin)

Nonproliferation Panel Gives Up Nuke Cut Target, Bernama, 20 October 2009

「25年までに千発」断念 広島の軍縮賢人会議 2009.10.20 共同通信 (Kyodo Tsushin)

核軍縮国際委:「25年以降に廃絶」提言へ 広島会合閉会 2009.10.21 毎日新聞 (Mainichi Shimbun)

International panel calls for nuke disarmament after 2025 at conference in Hiroshima, Mainichi Daily, 21 October 2009

A-Bomb Victims, NGOs Dissatisfied With Nuclear Panel’s Action Plans, Bernama, 21 October 2009

DISARMAMENT: Closer to Making Utopia Feasible?, IDN InDepthNews, 2009

Nuke panel’s plans not quick enough: hibakusha, NGOs, Japan Times, 24 October 2009

Editorial: No-nukes action plan, Japan Times, 26 October 2009

ICNND広島会合に思うーー先立つ国益を不信?高い目標示せず、2009.10.22、広島平和メディアセンター(中国新聞)

Reflections on the ICNND meeting in Hiroshima: Failure to set a higher goal, Hiroshima Peace Media Centre (Chugoku Shimbun), 31 October 2009


ICNND広島会合に関する報道 Media coverage of ICNND Hiroshima meeting

16/10/2009

広島会合に関する報道へのリンクを紹介します。

Introducing links to media reports regarding the ICNND Hiroshima meeting.

核兵器廃絶、ともに人文字を2009.10.7 朝日

25年に「核千発以下の世界」を 核軍縮報告書草案の全容判明 2009.10.16 共同

核の先制不使用確約を=25年までに、国際委議長が会見 2009.10.16 時事

日豪の核軍縮委に協力=鳩山首相 2009.10.16 時事

創造劇:“原爆劇”2世ら上演 核不拡散・核軍縮国際委員会に合わせ--あす /広島 2009.10.16 毎日

被爆者の声 NPTに 日本被団協が会見 2009.10.15 しんぶん赤旗