4月14日、外務省とNGOの意見交換会が開かれます Roundtable between Foreign Ministry and NGOs to be held on April 14th.

09/04/2010

来る4月14日(水)、外務省にて、政府とNGOによる日本の核軍縮政策お よびNPT再検討会議に向けた方針に関する意見交換会が開催されます。 昨年一年間、ICNND日本NGO連絡会と川口・エバンズ共同議長との意見 交換会が開催されてきました。この流れを引き継ぎ、ICNNDが昨年12月に 報告書を発表したことを踏まえ、この報告書を日本の政策にどう生かすのか、ま た、NPT再検討会議にどのような方針で臨むのかといったことについて、政府 とNGOの間で1時間にわたる意見交換を行います。 今回の意見交換会の特徴は、西村智奈美政務官が出席することです。官僚(部 課長)とNGOとの意見交換はこれまでも多数行われてきましたが、「政治主導」 を掲げる鳩山政権に対して、NGOは政務三役との直接の意見交換を求めてきま した。その結果、政務官の出席が実現しました。政務三役がこのような開かれた 形でNGOとの意見交換会に参加するのは、核軍縮の分野では初めてのことです。 当日はまた、川口順子ICNND共同議長も参加します。詳細(プレスの取材登 録方法を含む)は以下の通りです。

On April 14th (Wed), the Foreign Ministry will hold a roundtable with NGOs on Japan’s nuclear disarmament policy towards the NPT Review Conference.Throughout last year, there have been several roundtables between ICNND Japan NGO Network and Co-Chairs Kawaguchi and Evans. Following this, the government and NGOs will have an hour-long roundtable. With the ICNND report presented last December, there will be discussions on how Japan will apply the report to its policy as well as on the nation’s approach to the upcoming NPT Review Conference. The highlight of this roundtable is that Chinami Nishimura, Parliamentary Vice-Minister for Foreign Affairs will be attending. There have been previous roundtables between bureaucrats and NGOs, but NGOs have been continually requesting for one with Minister and Vice Ministers of the Hatoyama administration that calls for “Political Leadership”. As a result, the attendance of the Vice Minister was made possible. It is the first time in the area of nuclear disarmament that a Vice Minister attends a roundtable with NGOs. Also, ICNND Co-Chair Yoriko Kawaguchi will be present. The details are as follows. (Including press sign-ups)

続きを読む »


岡田外相のイニシアティブを歓迎し、新政策の早期確立を求める要請 NGOs welcome Foreign Minister Okada’s initiative and request early establishment of a new goverment policy

28/01/2010

1月28日にICNND日本NGO連絡会の共同代表らは、岡田外相による先月の米クリントン長官らへの書簡などに関連し、『核の役割縮小に向けたイニシアティブを歓迎し、新政策の早期確立を求めます』と題する書簡を外相および政府に提出しました。要請文はこちらから。

On January 28th, the joint representation of the ICNND Japan NGO Network submitted a letter to the Foreign Minister and government of Japan titled “ICNND Japan NGO Network welcomes the initiatives for reducing the role of nuclear weapons and requests the early establishment of a new government policy,” in reference to Foreign Minister Okada’s letter to Secretary of State Clinton. The document can be viewed here.


ICNNDの重要な勧告と日本の政策 ICNND’s important recommendations and Japan’s policy.

14/01/2010

12月15日に発表されたICNND報告書の中で、日本にとってとりわけ重 要な勧告について解説する資料(作成:川崎哲・NGOアドバイザー/ピースボー ト)を以下に掲載します。
①核の役割限定、②核兵器禁止条約、③核燃料サイク ルの3点について、簡潔に説明しています。
こちらから
また、ICNNDは、全300ページ(76項目の勧告を含む)にのぼる報告書の内容について、テーマごとに「情報シート」に分けてオンラインで公表しています。
全25枚に分かれる「情報シート」のうち、
「No.9 核ドクトリン:先制不使用(NFU)と『唯一の目的』宣言」の全訳(訳・NGO連絡会)を以下に紹介します。
こちらから

情報シートNo.9 の原文はこちらから
情報シートへのリンクはこちらから。

We have posted a document (created by Akira Kawasaki, NGO adviser/ Peace Boat) that explains the important recommendations concerning Japan from the ICNND report that was released on December 15th.
It briefly explains about

  1. Limiting The Role of Nuclear Weapons
  2. The Nuclear Weapons Convention
  3. The nuclear fuel cycle

    Click here to view the document. (Japanese version only)

Also, the ICNND has organized the 300-page report (including 76 recommendations) into an “information sheet” according to each theme, posting it on the web.

Of the 25 pages of the “information sheet”, the Japanese translated version of“No. 9 Nuclear Doctrine: No First Use And `Sole Purpose` Declarations” can be viewed here. Click here to view the original text of the “Information Sheet” No.9.Click here to view the entire content of the “Information Sheet”.


「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)」の報告書発表せまる――日本の核政策を見直す好機―― Upcoming ICNND Report launch opportunity to reexamine Japanese nuclear policy

01/12/2009

日本と豪州の両政府が共同で運営する有識者会議「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)」の報告書が、12月末までに発表される見通しとなりました。エバンズ豪元外相と川口元外相が共同議長をつとめるICNNDには、ペリー米元国防長官、ブルントランド・ノルウェー元首相など、各国の政治・軍事元高官ら15人の委員が参加しています。2008年10月からこれまでにシドニー、ワシントン、モスクワ、広島で会合を重ね、来年5月の核不拡散条約(NPT)再検討会議に向けた提言を含む報告書を発表します。日本側事務局は、外務省・軍備管理軍縮課です。

The final report of the Japan-Australia led International Commission on Nuclear Nonproliferation and Disarmament (ICNND) is expected to be announced by the end of December. The ICNND, co-chaired by former foreign ministers Gareth Evans and Kawaguchi Yoriko, also features 15 high level commissioners including former US Secretary of Defense William Perry, former Norwegian Prime Minister Gro Harlem Brundtland, and other senior political and military officials. Since October 2008, the Commission has held meetings in Sydney, Washington DC, Moscow and Hiroshima, and will announce its report featuring recommendations including towards the NPT Review Conference to take place in May 2010. The Japanese Secretariat of the COmmission is within the Ministry of Foreign Affairs’ Arms Control division.

委員会には豪州と日本から1名ずつNGOアドバイザーがおかれ、日本国内ではこの委員会に働きかけるための「NGO連絡会」がつくられています。国内外のNGOは、共同議長との意見交換会、委員との対話、被爆者の証言セッションの実現、意見書の提出などを行ってきました。

An NGO Advisor from both Japan and Australia were appointed, and within Japan an NGO Network was launched to engage with the Commission. Domestic and international NGOs have held a series of roundtables with the Co-Chairs, dialogue with Commissioners, realised a testimony session by Hibakusha (survivors of the atomic bombs) and submitted various letters and papers to the Commission.

(報道・メディア関係者向けのリリース文はこちら
(Media release is available here)

(国会議員・政策スタッフ向けのリリース文はこちら
(Release for Diet members and policy staff is こちら)

■■どのような報告書になるか
■■What kind of report will it be?

これまでの発表や報道によると、ICNND報告書は次のような内容を含むとみられます。
According to reports and media until now, the ICNND is likely to include the following contents.

◎短期(~2012)・中期(2012~2025)・長期(2025~)の3段階の行動計画
An action plan in three stages: short term (-2012), mid-term (2012-2025) and long-term (2025-)

◎2025年までに「世界の核兵器が2000発以下」「核の先制不使用合意」をめざす
Aiming for “less than 2000 nuclear weapons in the world” and “agreement on no-first use” by 2025

◎短期的措置として、「核兵器の唯一の役割は核の使用を抑止すること」と宣言し、非核保有国には核を使用しないとの約束をすることを、核保有国に求める
As short-term measures, declaration of “the sole purpose of nuclear weapons to be nuclear deterrence” and calling for nuclear weapon states to agree not to use nuclear weapons against non-nuclear weapon states

◎中期的措置として、「核兵器禁止条約」を作成する
As mid-term measures, creation of a Nuclear Weapons Convention

◎核燃料サイクルの多国間管理化を追求する
Pursuing multilateral control of the nuclear fuel cycle

外務省資料:こちらから。
Ministry of Foreign affairs materials here

■■日本にとっての意味は
What does this mean for Japan?

2025年という遠い先にまだ2000発の核を許容し、さらにその先ゼロに至る行程を示さないのだとすれば、被爆国・日本からの発信としてはかなり弱い報告書といわざるをえません。日本が「核廃絶に向けて先頭に立つ」(鳩山首相の国連演説)ためには、この委員会の提言を一歩も二歩も前倒ししながら政策を進めることが必要です。 続きを読む »


「核兵器のない世界へーー今こそ飛躍を!」市民シンポジウムの様子 International Civil Society Symposium: “Towards a World Without Nuclear Weapons – Now is the Time to Act!”

26/10/2009

symposium_23

 

 

 

 

 

 

 

10月18日に広島市の世界平和記念聖堂で開催されたICNND広島会合国際民シンポジウム「核兵器のない世界へーー今こそ飛躍を!」の様子が、以下のリンクからご覧になれます(動画)。
Video footage of the International Civil Society Symposium coinciding with the ICNND Hiroshima meeting, “Towards a World Without Nuclear Weapons – Now is the Time to Act!” can be seen via the following links.

開会 / Opening

symposium_13

 

 

 

 

 

 

 

パネル討論1 ティルマン・ラフ、田中熙巳 / Panel Discussion 1 : Tilman Ruff, Tanaka Terumi

symposium_14

symposium_16

パネル討論2 川崎哲 / Panel Discussion 2: Kawasaki Akira

symposium_20

 

 

 

 

 

 

 

パネル討論3 レベッカ・ジョンソン、質疑応答 集会決議・閉会あいさつ / Panel Discussion 3: Rebecca Johnson, Q&A, Adoption of Declaration, Closing

symposium_19


核兵器のない世界へ「今こそ飛躍を!」広島シンポ Towards a World Without Nuclear Weapons – Now is the time to act! Hiroshima Symposium

19/10/2009

IMG_3922

10月18日、「核兵器のない世界へ–今こそ飛躍を!」と題するICNND広島会合に合わせた国際市民シンポジウムが広島の世界平和記念聖堂で開催されました。約300名が集まりました。広島市の秋葉忠利市長の挨拶の後、ティルマン・ラフ、田中熙巳、レベッカ・ジョンソン、川崎哲の4氏によるパネルディスカッションが行われました。

On 18 October, an international civil society symposium coinciding with teh ICNND Hiroshima meeting was held at Hiroshima’s Memorial Cathedral for World Peace, with the title “Towards a World Without Nuclear Weapons – Now is the time to act!” Around 300 people participated in the event, which featured a welcome by Hiroshima’s Mayor Akiba Tadatoshi, followed by a panel discussion with Tilman Ruff, Tanaka Terumi, Rebecca Johnson and Kawasaki Akira.

この国際市民シンポジウムでは、最後に、以下の決議が参加者によって採択されました。国際社会、ICNND、日本政府そして日本の市民社会に対する行動提案を並べています。

At the conclusion of the symposium, the following Declaration was adopted by participants. The declaration includes recommendations for action to the international community, the ICNND, the Japanese Government and the civil society of Japan.

The Declaration can be downloaded here:

決議の日本語はこちら (Japanese) 英語はこちら (English)

このシンポジウムは以下のような報道されています。

Media reports on the symposium can be seen below.

ICNND「核兵器あってはならぬ」 被爆者や英国運動からシンポ 2009.10.19 読売新聞 (Yomiuri Shimbun)

核廃絶「今こそ飛躍を」NGOシンポジウム 2009.10.21 朝日新聞 (Asahi Shimbun)


ICNNDと市民社会の対話–NGO記者会見の様子 ICNND and Civil Society Dialogue: NGO Press Conference

18/10/2009

IMG_3774 

10月17日の「ICNNDと市民社会の対話」終了後の記者会見の模様は、こちらからご覧になれます。
Video footage of the NGO press conference held following the dialogue between the ICNND and civil society on 17 October can be seen here.

(10月18日のICNND広島会合国際民シンポジウム「核兵器のない世界へーー今こそ飛躍を!」は、ライブ映像の配信が行われましたが、すでに終了しました)
(The International Civil Society Symposium held on 18 October, “Towards a World Without Nuclear Weapons – Now is the time to act!” was webcast live, however this footage is no longer available.”