4月14日の意見交換会に関するメディア報道 Media reports on roundtable held on April 14th

19/04/2010

先日の14日に開かれた外務省とNGOとの意見交換会についてのメディア報道を紹介します。

Below are media reports on the April 14th roundtable with Foreign Ministry and NGOs.

日本語 Japanese only:

「目的限定、困難」NPT会議へ意見交換 朝日新聞  2010年4月15日

政務官と初の意見交換 「NPT 政府姿勢に不満」 NGO代表ら国際世論リードできず 読売新聞 2010年4月15日

核攻撃抑止に限定は提案せず NPTに向け、外務政務官 共同通信 2010年4月14日

英語 English only:

Okada in uphill nuclear battle, The Asahi Shimbun, April 16th 2010


国会議員、米オバマ大統領に核兵器減少求める手紙 Diet members have sent a letter to President Obama requesting the reduction of nuclear weapons

02/02/2010

超党派の国会議員有志らが連名で、米オバマ大統領に核兵器の役割の減少を求める手紙を米国大使館を通して送ったということが報道されています。

報道によると、手紙では、米国が核兵器の「唯一の役割」を核兵器使用の抑止のみに限定すると宣言するように求めています。

It is reported that supra partisan members of the Diet have sent a joint letter to President Obama for the reduction of the role of nuclear weapons.

According to the report, the letter requests that the US declares to limit the role of nuclear weapons to the “Sole-Purpose” of nuclear deterrence.

The news/blog report can be seen via the link below (Japanese).

詳細は以下の記事●投稿の通りです。

核兵器減少へ米大統領に手紙 中国新聞 2010年2月2日

国会議員 「核の役割減少を」 ヒロシマ平和メディアセンター 2010年2月2日

オバマ大統領への手紙 平岡秀夫のブログ「至誠通天」 2010年2月19日



ICNND報告書発表に関する報道 Media re ICNND report

15/12/2009

12月15日のICNND報告書発表に関する記事を紹介します。英語記事にある豪The Age紙の記事”We must lead on nukes”は、マルコム・フレーザー元首相らが共同で執筆した、「今回の報告書をもとに、豪州や日本政府が核軍縮での行動を主導しなければならない」という内容の論説記事であり、注目されます。

Introduced below are media reports on the 15 December launch of the ICNND report.
The editorial written by former Australian Prime Minister Malcolm Fraser et al published in The Age under the title “We must lead on nukes” particularly emphasises the need for Australia and Japan to lead action for nuclear disarmament.

続きを読む »


12月15日の報告書発表に関する報道 Media re 15 December launch of report

12/12/2009

来る12月15日のICNND報告書発表に関する報道へのリンクを以下に紹介します。
Media reports on the upcoming launch of the ICNND Report on 15 December are linked below.

Report seeks a cut in nuclear stockpile, Sydney Morning Herald(AAP), 15 Devember 2009

Urgent call for nuclear arms cull, The Age, 14 December 2009

Nuclear focus to Tokyo visit , The Australian, 14 December 2009

PM to campaign against nuclear weapons, Sydney Morning Herald(AAP), 13 Devember 2009

Rudd push for nuclear arms control, The Age (Melbourne), 12 December 2009

Japanese government adamant whaling will continue, Okada says+, Breithbart(AP)-(Kyodo), 11 December 2009

Australian Prime Minister to head to Japan, Press Trust of India (Kyodo), 11 December 2009

続きを読む »


ティルマン・ラフさんの中国新聞への投稿 Tilman Ruff’s article in the Chugoku Shimbun

27/11/2009

核戦争防止国際医師会議(IPPNW)の理事、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)議長であり、ICNNDのNGOアドバイザーをつとめるティルマン・ラフさん(豪メルボルン大学)が「ヒロシマと世界:私たちは皆ヒバクシャ 核の脅威は人類共通」という論説を中国新聞に寄せていますので、ご紹介します。(2009.11.10朝刊掲載)
Board member of International Physicians for the Prevention of Nuclear War,  Chair of the International Campaign to Ban Nuclear Weapons (ICAN) and ICNND NGO Advisor Tilman Ruff (University of Melbourne, Australia) has published an editorial, “We can imagine and build a world free of nuclear weapons,” in the Chugoku Shimbun. It can be read online here:

日本語/Japanese

英語/English


広島会合評価に関するメディア報道と関連記事ファイル Media reports evaluating Hiroshima meeting

11/11/2009

10月19日~20日に行われたICNND広島会合の評価を含む報道が各メディアでなされました。
The following articles have been published in regards to the evaluation of the ICNND Hiroshima meeting held on 19-20 October.

No-nukes action plan (The Japan Times, 26 October 2009)

Nuke panel’s plans not quick enough: hibakusha, NGOs (The Japan Times, 24 October 2009)

A-Bomb Victims, NGOs Dissatisfied With Nuclear Panel’s Action Plans (BERNAMA, 23 October 2009)

DISARMAMENT:Closer to Making Utopia Feasible? (Australia.to, 23 October 2009)

ICNND広島会合に思う――先立つ国益と不信? 高い目標示せず (中国新聞、2009年10月22日 / Chugoku Shimbun, 22 October 2009) English

また、広島会合開始前、開始後になされた新聞報道を、新聞記事の切り抜きファイル(PDF)にまとめました。
ほぼすべての記事は本サイトに掲載されています。
The following PDF file also contains a collection of articles in relation to the Hiroshima meeting.

ファイルは以下のリンクからダウンロード可能です。
Please download the file from the following link

広島会合新聞切り抜きファイル / Hiroshima meeting articles (Japanese)


「2025年に千発」合意できず。2012年までに役割限定宣言、2025年までに先制不使用 No agreement on “1000 nukes by 2025”, sole purpose declaration in 2012, non first use in 2025

20/10/2009

IMG_3788

(写真は、10月17日に市民社会との対話にのぞむ両共同議長。被爆者や市民の訴えをどう聞いたのだろうか)

ICNND広島会合が終わり、共同議長による記者会見が開かれ、委員会として報告書に盛り込む内容の概要が発表されました。報道によると、(1)2025年までに「核兵器が1,000発の世界」をめざすという案があったが、それの合意は達成できなかった。記者会見では2025年にめざす数字は発表されなかった(共同通信は「2025年に2,000発前後に設定したとみられる」と報じています)、(2)核兵器の役割の縮小に関しては、「核の唯一の役割は核抑止である」とする宣言を2012年までに、核の「先制不使用」を2025年までに達成することが「委員会で合意された」とのことです。これらの報道へのリンクを以下に紹介します。

The ICNND meeting has concluded, and through a press conference by the Co-Chairs the overall summary of contents to be included in the Commission’s report has been announced.  According to media reports, 1) although there was a proposal to aim for “a world with only 1,000 nuclear weapons” by 2025, agreement was not reached on this point. The number to be aimed for by 2025 was not announced at the press conference (Although Kyodo Tsushin has reported that the number will likely be set at around 2,000 by 2025) , 2) In regards to the reduction of the role of nuclear weapons, the Commission agreed that “the only role of nuclear weapons is for nuclear deterrence” should be declared by 2012, and that “non-first use” should be declareed by 2025.
Media links on this topic are listed below.

核廃絶行動計画で合意 国際賢人会議 2009.10.20 共同通信 (Kyodo Tsushin)

核廃絶行動計画で合意 国際賢人会議 2009.10.20 デイリースポーツ (Daily Sports)

核先制不使用25年までに=核軍縮国際委が閉幕-広島 2009.10.20 時事通信 (Jiji Tsushin)

Nonproliferation Panel Gives Up Nuke Cut Target, Bernama, 20 October 2009

「25年までに千発」断念 広島の軍縮賢人会議 2009.10.20 共同通信 (Kyodo Tsushin)

核軍縮国際委:「25年以降に廃絶」提言へ 広島会合閉会 2009.10.21 毎日新聞 (Mainichi Shimbun)

International panel calls for nuke disarmament after 2025 at conference in Hiroshima, Mainichi Daily, 21 October 2009

A-Bomb Victims, NGOs Dissatisfied With Nuclear Panel’s Action Plans, Bernama, 21 October 2009

DISARMAMENT: Closer to Making Utopia Feasible?, IDN InDepthNews, 2009

Nuke panel’s plans not quick enough: hibakusha, NGOs, Japan Times, 24 October 2009

Editorial: No-nukes action plan, Japan Times, 26 October 2009

ICNND広島会合に思うーー先立つ国益を不信?高い目標示せず、2009.10.22、広島平和メディアセンター(中国新聞)

Reflections on the ICNND meeting in Hiroshima: Failure to set a higher goal, Hiroshima Peace Media Centre (Chugoku Shimbun), 31 October 2009


広島会合開始後のメディア報道と岡田外相の発言 Media reports since the Hiroshima meeting opened and FM Okada’s comments

18/10/2009

IMG_3873

「25年までに千発」断念 広島の軍縮賢人会議 (共同通信、2009年10月20日)

International commission weighs no-first use of nukes (Asahi Shimbun, 19 October 2009)

市民団体が核廃絶でICNNDと意見交換 (広島テレビ、2009年10月17日)

核なき世界を…広島でキャンドルメッセージ(読売新聞、2009年10月18日 / Yomiuri Shimbun – 18 October 2009)

核廃絶の現実的な道探る 広島で不拡散委が開幕(中国新聞、2009年10月18日 / Chugoku Shimbun – 18 October 2009)

2020年目標、広島の願い 旧市民球場で市民が人文字(中国新聞、2009年10月18日 / Chugoku Shimbun – 18 October 2009)

核兵器廃絶の願い、人文字でアピール(TBS、2009年10月17日 / TBS – 17 October 2009)

NGOが核不拡散委に要望 踏み込んだ提言求める(共同、2009年10月17日 / Kyodo – 17 October 2009)

核軍縮国際委:「20年までに廃絶を」市民団体と意見交換(毎日新聞、2009年10月17日 / Mainichi Shimbun – 17 October 2009)

賢人会議委員が広島入り 被爆体験聞き「心動かされた」(朝日新聞、2009年10月17日 / Asahi Shimbun – 17 October 2009)

25年までに核兵器大幅削減提言へ…国際有識者委(読売新聞、2009年10月17日 / Yomiuri Shimbun – 17 October 2009)

18日から核軍縮国際委=川口元外相らが資料館視察-広島(時事、2009年10月17日 / Jiji News – 17 October 2009)

ICNND:高橋さん、会合で各国の識者に被爆証言 /広島(毎日新聞、2009年10月17日 / Mainichi Shimbun – 17 October 2009)

核先制不使用案、盛り込む方針表明 川口氏ら賢人会議(朝日新聞、2009年10月17日 / Asahi Shimbun – 17 October 2009)

先制不使用めぐり温度差 核不拡散委で両共同議長(USFL、2009年10月16日 / USFL – 16 October 2009)

International commission weighs no-first use of nukes (Asahi Shimbun, 19 October 2009)

Less than 1000 nukes by 2025? (IDN InDepthNews, 2009)

また、広島会合と同時期に、岡田外相が核の先制不使用、今後の日米関係について発言しました。その内容は以下のリンクからご覧になれます。

岡田外相:「核の先制不使用」 米に求める方針 (毎日新聞、2009年10月18日)

外務大臣会見記録 (外務省、2009年10月20日)

岡田外相・米国防長官:会談要旨 (毎日新聞、2009年10月21日)

なお、広島会合前に、エバンズ議長が核廃棄物の豪州での貯蔵を提案しているという趣旨の記事が掲載されました。

Store nuclear waste in Australia:Gareth Evans  (The Australian, 6 October 2009)


ICNND広島会合に関する報道 Media coverage of ICNND Hiroshima meeting

16/10/2009

広島会合に関する報道へのリンクを紹介します。

Introducing links to media reports regarding the ICNND Hiroshima meeting.

核兵器廃絶、ともに人文字を2009.10.7 朝日

25年に「核千発以下の世界」を 核軍縮報告書草案の全容判明 2009.10.16 共同

核の先制不使用確約を=25年までに、国際委議長が会見 2009.10.16 時事

日豪の核軍縮委に協力=鳩山首相 2009.10.16 時事

創造劇:“原爆劇”2世ら上演 核不拡散・核軍縮国際委員会に合わせ--あす /広島 2009.10.16 毎日

被爆者の声 NPTに 日本被団協が会見 2009.10.15 しんぶん赤旗


報告書草案の全容判明–共同通信が報道 Draft Report contents made clear – Kyodo News reports

16/10/2009

明日からの広島会合を前に、現在検討されているICNND報告書の最終案の全容が判明したと、共同通信が報道しました。「2025年までに核兵器が千発以下の世界をつくる」という目標を掲げつつ、「核の政治的・軍事的役割の低下を図る具体的措置は後退した」としています。具体的には、核保有国に核の「唯一の目的」を核戦争阻止に限定するという宣言を行うことを求める期限を、2012年に先送りし、核の「先制不使用」政策採用も「2010年から2025年に変更され」たと報じています。

25年に「核千発以下の世界」を 核軍縮報告書草案の全容判明 2009.10.16 共同通信

In advance to the Hiroshima meeting starting tomorrow, Kyodo News has reported the contents of the final draft of the report currently being considered by the ICNND. The report allegedly sets the goal of “creating a world with less than 1000 nuclear weapons by the year 2025”, while also saying that “the concrete measures for the cut of the political and military role of nuclear weapons have regressed.” Specifically, it postpones the declaration of the limitation of nuclear weapons for the nuclear weapon states to the “only purpose” of preventing nuclear war to 2012, and it is reported that the proposed adoption of a policy of nuclear no first use is to be “changed from 2010 to 2025.”

A world with less than 1000 nuclear weapons by 2025: Draft of nuclear disarmament report made clear 2009.10.16 Kyodo Tsushin (Japanese)