ICNND・NGOアドバイザー、川崎哲(ピースボート共同代表)による論説記事 An op-ed by Akira Kawasaki, ICNND NGO adviser and Peace Boat Exec. Committee Member

ICNND・NGOアドバイザーの川崎哲ピースボート共同代表によるジャパン・タイムズの論説を紹介します。

ICNND勧告の実行に関連して、日本政府内における核軍縮への抵抗があることを指摘するとともに、核兵器禁止条約の必要性を説いているものです。

こちらから記事を見ることができます。(英語)

The following is an opinion editorial in the Japan Times by Akira Kawasaki, ICNND NGO adviser and a member of the Executive Committee of Peace Boat.

Concerning the implementation of the ICNND recommendations, the article argues for the need of a treaty that bans nuclear weapons and points out the Japanese government’s resistance to nuclear disarmament.

Click here to view the article. (English Only)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。