4月14日、外務省とNGOの意見交換会が開かれます Roundtable between Foreign Ministry and NGOs to be held on April 14th.

来る4月14日(水)、外務省にて、政府とNGOによる日本の核軍縮政策お よびNPT再検討会議に向けた方針に関する意見交換会が開催されます。 昨年一年間、ICNND日本NGO連絡会と川口・エバンズ共同議長との意見 交換会が開催されてきました。この流れを引き継ぎ、ICNNDが昨年12月に 報告書を発表したことを踏まえ、この報告書を日本の政策にどう生かすのか、ま た、NPT再検討会議にどのような方針で臨むのかといったことについて、政府 とNGOの間で1時間にわたる意見交換を行います。 今回の意見交換会の特徴は、西村智奈美政務官が出席することです。官僚(部 課長)とNGOとの意見交換はこれまでも多数行われてきましたが、「政治主導」 を掲げる鳩山政権に対して、NGOは政務三役との直接の意見交換を求めてきま した。その結果、政務官の出席が実現しました。政務三役がこのような開かれた 形でNGOとの意見交換会に参加するのは、核軍縮の分野では初めてのことです。 当日はまた、川口順子ICNND共同議長も参加します。詳細(プレスの取材登 録方法を含む)は以下の通りです。

On April 14th (Wed), the Foreign Ministry will hold a roundtable with NGOs on Japan’s nuclear disarmament policy towards the NPT Review Conference.Throughout last year, there have been several roundtables between ICNND Japan NGO Network and Co-Chairs Kawaguchi and Evans. Following this, the government and NGOs will have an hour-long roundtable. With the ICNND report presented last December, there will be discussions on how Japan will apply the report to its policy as well as on the nation’s approach to the upcoming NPT Review Conference. The highlight of this roundtable is that Chinami Nishimura, Parliamentary Vice-Minister for Foreign Affairs will be attending. There have been previous roundtables between bureaucrats and NGOs, but NGOs have been continually requesting for one with Minister and Vice Ministers of the Hatoyama administration that calls for “Political Leadership”. As a result, the attendance of the Vice Minister was made possible. It is the first time in the area of nuclear disarmament that a Vice Minister attends a roundtable with NGOs. Also, ICNND Co-Chair Yoriko Kawaguchi will be present. The details are as follows. (Including press sign-ups)


1.日時 2010年4月14日(水)14:00~15:00

2.場所 外務省

3.議題

以下の諸点を含む、日本としての核軍縮・

不拡散政策に関して意見交換。
(1) ICNND報告書の活用
(2) 日豪外相共同声明および日豪パッケージの意義
(3) アメリカおよびロシアの動向(START後継条約、NPRなど)の評価
(4) 核セキュリティサミットの報告と成果
(5) NPT再検討会議への方針

4.出席

西村智奈美 外務大臣政務官
川口順子  ICNND共同議長
鈴木秀雄  外務省軍備管理軍縮課長

川崎哲   ピースボート共同代表
内藤雅義  日本反核法律家協会理事
ほか NGO計20名程度
(NGO側参加者は「核兵器廃絶日本NGO市民連絡会」にて調整・決定済み)

5.進行

(1) 政務官からの挨拶と冒頭説明
(2) 川口議長から一言
(3) NGOから挨拶と冒頭発言
(4) 政務官より返答
(5) 質疑・応答・討論

6.取材について

外務省とNGOの間で、上記進行のうちの「(3)NGOからの挨拶と冒頭発言」
のところまでをプレスに公開するという合意がなされています。詳しい問い合わ
せ、またプレスの事前登録は、外務省軍備管理軍縮課までご連絡ください。
1. Time/date: Wednesday, April 14th 2010 from 14:00-15:00
2. Location: Foreign Ministry
3. Topic
A roundtable on Japan’s nuclear disarmament and non-proliferation policy including the following topics.
1) The application of the ICNND report
2) The significance of the Japan-Australia joint statement and package.
3) Review on the US and Russia’s actions (The new START treaty, NPR etc)
4) Report on the Nuclear Security Summit
5) Policy toward the NPT Review Conference

4. Attendants
Chinami Nishimura, Parliamentary Vice-Minister for Foreign Affairs
Yoriko Kawaguchi, ICNND Co-Chair
Hideo Suzuki, Director of Arms Control and Disarmament Division, Ministry of Foreign Affairs
Akira Kawasaki, Peace Boat Executive Committee Member
Masayoshi Naito, member of Board of Directors, Japan Association of Lawyers against Nuclear Arms.
Others include about 20 NGO members
(The NGO participants  already organized by “Nuclear Abolition Japan NGO Citizen Network”)

5. Proceedings
(1) Speech by Parliamentary Vice-Minister and opening explanation
(2) A word from Co-Chair Kawaguchi
(3) Speech by NGOs and opening comment
(4) Response from Vice-Minister
(5) Questions and answers/ Discussion

6. About Media Coverage
The Foreign Ministry and NGOs have agreed upon press releasing up to “(3) Speech by NGOs and opening comments” of the above proceedings.
Please contact the Arms Control and Disarmament Division of Foreign Affairs for futher details and press sign-ups.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。