「日豪パッケージ」は軍縮に乏しい内容 — 「唯一の役割」を採用せず Japan-Australia Joint Package content limited in disarmament– not adopting the “Sole-Purpose” policy

3月23日、日本とオーストラリアの両政府は、来る5月の核不拡散条約(NPT)再検討会議に向けて、政策文書「核軍縮・不拡散の新しいパッケージ」(日豪パッケージ)を発表しました。
16項目からなるこの日豪パッケージは、冒頭で2000年NPT再検討会議における核廃絶への「明確な約束」を再確認しているものの、核軍縮に関する実質的な内容はきわめて乏しいものです。
とりわけ、このパッケージは、昨年12月に発表された日豪政府主催の有識者委員会(ICNND)による提言に基づいていながら、核軍縮に関してはICNND提言から大きく後退した内容になっています。

具体的には、ICNND提言の中でもっとも重要な提言の一つであった「核兵器の役割を核の抑止という『唯一の役割』に限定する」という政策への言及がありません。「唯一の役割」政策は、核の「先制不使用」とほぼ同じ意味であり、核の役割を減らすための重要なステップとして国際的に注目されていました。

On March 23rd, the Japanese and Australian government released a policy paper, “A New Package of Nuclear Disarmament and Non-Proliferation” (Japan-Australia Joint Package), for the upcoming Review Conference of the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons (NPT).

Although this package of 16 proposals reaffirms the ” unequivocal undertaking” for nuclear abolition from the NPT Review Conference in 2000, the actual statements on nuclear disarmament are extremely limited. Above all, even though this package is based on the recommendations by the ICNND released last December, it greatly retrogresses from them. In particular, there is no mention of one of the most important of the ICNND recommendations, “to limit the role of nuclear weapons to the “sole-purpose” of deterrence of nuclear attacks”. The “Sole-Purpose” policy is equivalent to the “No-First-Use” of nuclear weapons, gaining international attention as a significant step in decreasing the role of nuclear weapons.

ICNNDの報告書が昨年12月に発表されて以来、岡田外務大臣は、その提言の中から(1)「唯一の役割」政策と(2)非核保有国に対して核を使用しないこと(消極的安全保証)の2点にとりわけ「注目」し、これを関係国と「協議していく」と述べてきました。この姿勢は、12月のクリントン長官への書簡、1月の国会での外交演説、2月の日豪外相共同声明で一貫して表明されました。この問題については鳩山首相も「最大限努力する」と国会で答弁していた(2月4日、参院決算委員会)ほか、2月19日には与野党200名を超す国会議員が「唯一の役割」政策を支持する書簡をオバマ大統領に提出していました。

これらの背景があるにもかかわらず、日豪パッケージでは、「消極的安全保証」は言及されたものの、「唯一の役割」への言及は削除されました。

「唯一の役割」政策は、近く発表が予定されているアメリカの核態勢見直し(NPR)においても、採用するかどうかが大きな争点になっている点です。日豪政府は、アメリカが新戦略の中で核の役割を大幅に限定することを促すことができたはずであるのに、あえてそれをしないことを選択したといえます。岡田外相はNPT再検討会議に向けて「現実的」なものをめざしたからだと述べた、と共同通信は報じています。
背景に、アメリカへの「配慮」があったのか、先制不使用に一貫して反対してきた日本の官僚の抵抗によるものなのか、あるいはオーストラリア側に抵抗があったのか、きちんと検証されなければなりません。

日豪パッケージは全体として、核保有国に軍縮を迫ることよりも、イランなど核疑惑国への牽制や原子力の促進といった点に力点が置かれたものになっています。

Since the ICNND report’s release last December, Foreign Minister Okada has stated that he finds (1) The “Sole-Purpose” policy and (2) Prohibiting the use of nuclear weapons against non-nuclear weapon states (“Negative Security Assurances”) “worthy of attention”, and that he will “deepen discussions” with involving countries”. This stance has been continually expressed through Okada’s letter to Secretary of State Clinton in December, his foreign policy speech at the Diet in January, and the Japan-Australia Joint Statement in February. Prime Minister Hatoyama had also stated at the Diet that he would “make the utmost effort” (on February 4th at the Upper House Audit Committee). On February 19th, over 200 Diet members submitted a letter to President Obama encouraging the “Sole-Purpose” policy.

Even in such context, the Japan-Australia Joint Package, though mentioning “Negative Security Assurances”, withdrew stating the “Sole-Purpose”.

The adoption of the “Sole-Purpose” policy in the upcoming US Nuclear Posture Review(NPR) has been greatly in dispute. It can be said that the government of Japan and Australia could have urged the US, with its new strategy, to greatly limit its role of nuclear weapons but instead chose not to do so. According to Kyodo News, Foreign Minister Okada explained that they had aimed for a “realistic” statement for the NPT Review Conference.

There must be examinations on whether it was a result of “consideration” for the US, resistance from the Japanese bureaucrats who had strictly opposed to No-First-Use, or opposition from Australia.

As a whole, the Japan-Australia Joint Package focuses more on discouraging countries such as Iran that are suspected of possessing nuclear weapons and promoting nuclear energy than pressing for disarmament of nuclear weapons states.

★詳しくはお問い合わせください。
川崎哲(ピースボート共同代表/ICNND・NGOアドバイザー)
03-3363-7561(ピースボート)  090-8310-5370(携帯)

★関連リンク
日豪パッケージ(全文)はこちら
パッケージ発表にあたっての外務省発表はこちら
この問題を報じた豪紙The Ageの記事(英文)
Report slip hits nuclear hopes March 25, 2010

*Please contact below for details.

Akira Kawasaki (Peace Boat Executive Committee Member/ ICNND NGO Adviser) 03-3363-7561 (Peace Boat)  090-8310-5370 (Cell)

*Related links
Click here to view the Japan-Australia Joint Package
Click here for the Foreign Ministry’s web page on the release of the Package.
An article from The Age (Australian) on this issue:
Report slip hits nuclear hopes March 25, 2010

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。