外務省政策会議にてICNNDへの対応が議論 Discussion on government response to the ICNND report at Foreign Ministry Policy Council

外務省のウェブサイトに掲載されている政策会議の記録によると、

12月17日および1月13日に開かれた政策会議(第11回および第12回)にて、ICNNDの報告を受けた日本政府の対応のあり方が議論されています。第11回外務省政策会議の「概要記録」(全文はこちら)は、出席議員(10名程度)から以下のような質問が出ています。

●ICNND報告書において、保有する核兵器を維持する目的を核抑止に限定にすることについての言及があるが、日本政府としてどのように受け止めているのか。
アメリカの核態勢見直し(NPR)までに日本政府としての姿勢を明示すべき。
●政権交代をうけ、共同議長をはじめとする核不拡散・核軍縮に関する国際委員会の構成員を見直すべきではないか。

According to the record of the Foreign Ministry’s Policy Council posted on its website, at the 11th and 12th Policy Council held on December 17th and January 13th, there were discussions on the Japanese government’s response to the ICNND report and the US NPR (Nuclear Posture Review). The “Summary Record” of the 11th Foreign Ministry Policy Council (Click here to view the entire document) notes that the following questions were posed by the attending Diet members of about 10 people.

  • What is the Japanese government’s response to the statement in the ICNND report on limiting the purpose of posessing nuclear weapons to nuclear deterrence only? Japan should clarify its stance on the topic by the US Nuclear Posture Review (NPR.)
  • With a new administration established, shouldn’t the government reconsider the co-chairman and members of the International Commission on Nuclear Non-Proliferation and Disarmament?

これに対して武正外務副大臣が以下のように答えています。

●同報告書は構成員の専門的知見が集約されて出来たものであり、評価すべき内容である。日本政府としても、必要なものについては政策に反映すべく検討していく。

Senior Vice- Minister for Foreign Affairs Takemasa replied as following to these questions.

  • The ICNND report is a sum of the members’ professional knowledge and should be valued. Therefore, the Japanese government will consider reflecting necessary content to its policy.

つづいて第12回外務省政策会議の「概要記録」(こちらに全文)では、出席議員
(20名程度)のなかから引き続き以下のような質問が出ています。

●米国の核態勢見直し(NPR)に対して日本政府はどのようなメッセ-ジを発出
していくのか。
●ICNND報告書をどのように受け止めているのか。

しかし、同「概要記録」のなかには、これに対応する外務省副大臣の回答は見あ
たりません。

In the “Summary Record” for the 12th Policy Council (Click here to view the entire document), the following questions were posed by the attending Diet members of about 20 people.
“What kind of message will the Japanese Government release concerning the US Nuclear Posture Review (NPR)?”

“How does the Japanese Government acknowledge the International Commission on Nuclear Non-Proliferation and Disarmament’s report?”

However, in the “Summary Record”, there seems to be no response to these questions from the Senior-Vice Foreign Minister.

政策会議とは、各省庁の副大臣ら(大臣が出席することもある)が、与党の国会議員に対して政策を説明し、与党議員のなかで政策を議論する場であると 説明されています。政務官が司会進行をしています。「政治主導」のかけ声で始まった鳩山政権のもとでは、政務三役(大臣、副大臣、政務官)が政策決定の リーダーシップを発揮して、これに官僚が従って実務を担うという形が追求されています。この考え方に従えば、与党の政治家たちがこの政策会議の場で議論を 深め、そのうえで政務三役が政策を決め、官僚がそれに従って政策を実行するということになります。その政策会議の場で、ICNNDの報告をどう生かすかと いう議論が出席議員のなかから提起されていることは非常に重要です。記録を見る限り、ICNND報告を受けて日本政府がどのような具体的な政策をとるかについての決定はまだであると考えられます。

The Policy Council is to be a place for each Ministry’s Senior-Vice Minister -or at times the Minister- to explain his/her policy to the ruling party Diet members, in which the ruling party members discuss the policy. The Parliamentary Secretary serves as the moderator. Under the Hatoyama administration which calls for “Political Leadership”, there is a pursue for a form in which Minister and Vice-Ministers take the lead in policy-making and the bureaucrats follow with the actual business. By following this idea, the ruling party politicians could deepen their discussions at the Policy Council, then Minister and Vice-Ministers could decide on the policy, and the bureaucrats could put the policy to action. It is highly noteworthy that the present members pose a discussion on how to deal with the ICNND report at the Policy Council. As far as the record goes, it can be said that the Japanese government has yet to make a decision on what kind of policy it will adopt in response to the ICNND report.

先の浜田参院議員の米NPRおよび「核の役割限定」に関する質問趣意書に対して、政府答弁書は「ICNNDの報告を参考にして、新しい政策提言を構築したい」と述べています(詳しくはこちら)。政府内での議論が深まり、日本政府としての新たな政策が構築されていくことを多くの市民が注目していく必要があるでしょう。

外務省政策会議の記録一覧はこちら

Concerning Upper House Member Hamada’s Diet Question on the US NPR and “limiting the role of nuclear weapons”, the Government replies, “Bearing in mind the ICNND report, we would like to develop a new policy statement.” (For details, click here). It is necessary that many citizens draw attention to the deepening discussions within the Japanese Government and the construction of a new policy.

Click here for the list of records of the Foreign Ministry Policy Council. (Japanese only)


外務省のウェブサイトに掲載されている政策会議の記録によると、

12月17日および1月13日に開かれた政策会議(第11回および第12回)にて、ICNNDの報告を受け
た日本政府の対応のあり方が議論されています。第11回外務省政策会議の「概要
記録」(こちらに全文)は、出席議員(10名程度)から以下のような質問が出て
います。

●ICNND報告書において、保有する核兵器を維持する目的を核抑止に限定にする
ことについての言及があるが、日本政府としてどのように受け止めているのか。
アメリカの核態勢見直し(NPR)までに日本政府としての姿勢を明示すべき。
●政権交代をうけ、共同議長をはじめとする核不拡散・核軍縮に関する国際委員
会の構成員を見直すべきではないか。

According to the record of the Foreign Ministry’s Policy Council posted on its website, at the 11th and 12th Policy Council held on December 17th and January 13th, there were discussions on the Japanese government’s response to the ICNND report and the US NPR (Nuclear Posture Review). The “Summary Record” of the 11th Foreign Ministry Policy Council (Click here to view the entire document) notes that the following questions were posed by the attending Diet members of about 10 people.

  • What is the Japanese government’s response to the statement in the ICNND report on limiting the purpose of posessing nuclear weapons to nuke deterrence only? Japan should clarify its stance on the topic by the US Nuclear Posture Review (NPR.)
  • With a new administration established, shouldn’t the government reconsider the co-chairman and members of the ICNND?

これに対して武正外務副大臣が以下のように答えています。

●同報告書は構成員の専門的知見が集約されて出来たものであり、

評価すべき内
容である。日本政府としても、必要なものについては政策に反映すべく検討していく。

Senior Vice-Minister for Foreign Affairs Takemasa replied as following to these questions.

  • The ICNND report is a sum of the members’ professional knowledge and should be valued. Therefore, the Japanese government will consider reflecting necessary content to its policy.

つづいて第12回外務省政策会議の「概要記録」(こちらに全文)では、出席議員
(20名程度)のなかから引き続き以下のような質問が出ています。

●米国の核態勢見直し(NPR)に対して日本政府はどのようなメッセ-ジを発出
していくのか。
●ICNND報告書をどのように受け止めているのか。

しかし、同「概要記録」のなかには、これに対応する外務省副大臣の回答は見あ
たりません。

In the “Summary Record” for the 12th Policy Council (Click here to view the entire document), the following questions were posed by the attending Diet members of about 20 people.
“What kind of message will the Japanese Government release concerning the US Nuclear Posture Review (NPR)?”

“How does the Japanese Government acknowledge the International Commission on Nuclear Non-Proliferation and Disarmament’s report?”

However, in the “Summary Record”, there seems to be no response to these questions from the Senior-Vice Foreign Minister.

政策会議とは、各省庁の副大臣ら(大臣が出席することもある)が、与党の国会議員に対して政策を説明し、与党議員のなかで政策を議論する場であると 説明されています。政務官が司会進行をしています。「政治主導」のかけ声で始まった鳩山政権のもとでは、政務三役(大臣、副大臣、政務官)が政策決定の リーダーシップを発揮して、これに官僚が従って実務を担うという形が追求されています。この考え方に従えば、与党の政治家たちがこの政策会議の場で議論を 深め、そのうえで政務三役が政策を決め、官僚がそれに従って政策を実行するということになります。その政策会議の場で、ICNNDの報告をどう生かすかと いう議論が出席議員のなかから提起されていることは非常に重要です。記録を見る限り、ICNND報告を受けて日本政府がどのような具体的な政策をとるかについての決定はまだであると考えられます。

The Policy Council is to be a place for each Ministry’s Senior-Vice Minister -or at times the Minister- to explain his/her policy to the ruling party Diet members, in which the ruling party members discuss the policy. The Parliamentary Secretary serves as the moderator. Under the Hatoyama administration which calls for “Political Leadership”, there is a pursue for a form in which Minister and Vice-Ministers take the lead in policy-making and the bureaucrats follow with the actual business. By following this idea, the ruling party politicians could deepen their discussions at the Policy Council, then Minister and Vice-Ministers could decide on the policy, and the bureaucrats could put the policy to action. It is highly noteworthy that the present members pose a discussion on how to deal with the ICNND report at the Policy Council. As far as the record goes, it can be said that the Japanese government has yet to make a decision on what kind of policy it will adopt in response to the ICNND report.

先の浜田参院議員の米NPRおよび「核の役割限定」に関する質問趣意書に対して、政府答弁書は「ICNNDの報告を参考にして、新しい政策提言を構築したい」と述べています(詳しくはこちら)。政府内での議論が深まり、日本政府としての新たな政策が構築されていくことを多くの市民が注目していく必要があるでしょう。

外務省政策会議の記録一覧はこちら

Concerning Upper House Member Hamada’s Diet Question on the US NPR and “limiting the role of nuclear weapons”, the Government replies, “Bearing in mind the ICNND report, we would like to develop a new policy statement.” (For details, click here). It is necessary that many citizens draw attention to the deepening discussions within the Japanese Government and the construction of a new policy.

Click here for the list of records of the Foreign Ministry Policy Council. (Japanese only)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。