岡田外相、外交演説で核の役割限定に「注目」「関係国と議論深めていく」 Foreign Minister Okada states in Foreign Policy Speech that he finds limiting the role of nuclear weapons “worthy of attention” and that he “will deepen discussions with countries such as Australia and the United States”

岡田克也外務大臣は1月29日の外交の基本方針に関する国会演説で、核廃絶への「第一歩」として、核兵器の役割限定に言及し、「核兵器を持たない国に対する核兵器の使用を禁止すること、そして、核兵器保有の目的を核兵器使用の抑止のみに限定することといった考え方に注目しています。これらの点を含め、オーストラリアや米国など関係国とも議論を深めてまいります」と語りました。非核兵器国への核使用の禁止(「消極的安全保証」)および核の役割を核の抑止に限定すること(「唯一の役割」)は、いずれもICNNDの勧告に盛り込まれた措置です。これらの措置について、ICNNDを共に運営してきたオーストラリアと協力しつつ、アメリカなど核保有国と協議していく姿勢を示したものといえます。

On January 29th, Foreign Minister Okada addressed limiting the role of nuclear weapons as the “first step” in nuclear abolishment in his policy speech to the diet. He stated, “I find worthy of attention such ideas as prohibiting the use of nuclear weapons against non-nuclear weapon states, or making deterring others from using such weapons as a sole purpose of retaining nuclear weapons, as the concrete means to take a first step toward the “world without nuclear weapons.” This government will deepen discussions with countries such as Australia and the United States on these and other issues.” Prohibiting the use of nuclear weapons against non-nuclear weapon states (“Negative Security Assurances”) and limiting the role of nuclear weapons to nuclear deterrence (“Sole-Purpose”) are both included in the ICNND recommendations.

岡田外相の外交演説(1月29日)の全文はこちら English version of Foreign Minister Okada’s Foreign Policy Speech can be viewedhere

該当部分は以下の通りです。

第174回国会における岡田外務大臣の外交演説
(核軍縮・不拡散)
オバマ米国大統領のプラハ演説は、核軍縮に向けた世界の流れを大きく変えました。日本は、この流れをより確実なものとするため、意味ある役割を果たさねばなりません。
本年は、核セキュリティ・サミットや核不拡散条約(NPT)運用検討会議が予定され、「核兵器のない世界」に向けて重要な1年となります。米露両国による新たな核軍縮条約の早期締結を強く期待します。NPT運用検討会議では、核軍縮、核不拡散、原子力の平和的利用それぞれの分野において、前向きな合意を達成できるよう、リーダーシップを発揮します。
私は、「核兵器のない世界」を実現するための第一歩となる具体的な手段として、核兵器を持たない国に対する核兵器の使用を禁止すること、そして、核兵器保有の目的を核兵器使用の抑止のみに限定することといった考え方に注目しています。これらの点を含め、オーストラリアや米国など関係国とも議論を深めてまいります。

この問題に関する背景はこちらから。また「核情報」にこの問題の詳しい背景情報が掲載されています。

The following is the corresponding section of the speech.

Foreign Policy Speech by Minister for Foreign Affairs Katsuya Okada to the 174th Session of the Diet

<Nuclear Disarmament and Non-proliferation>

President of the United States of America Barack Obama’s speech in Prague dramatically changed the global trend toward nuclear disarmament. Japan should play a meaningful role in consolidating this trend.
This is an important year for advance toward a world without nuclear weapons, with the Nuclear Security Summit and the 2010 Nuclear Non-Proliferation Treaty (NPT) Review Conference scheduled to take place. Japan strongly hopes for an early conclusion of the new nuclear arms reduction treaty between the United States and Russia. At the NPT Review Conference, Japan will take leadership to achieve a positive agreement in each field of nuclear disarmament, nuclear non-proliferation, and the peaceful use of nuclear energy.
I find worthy of attention such ideas as prohibiting the use of nuclear weapons against non-nuclear weapon states, or making deterring others from using such weapons as a sole purpose of retaining nuclear weapons, as the concrete means to take a first step toward the “world without nuclear weapons.” This government will deepen discussions with countries such as Australia and the United States on these and other issues.

Click here for background info on this issue. “Kakujoho” (Nuclear Information) contains detailed background info as well.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。