核の役割限定 - 日本は一歩踏み出すのか Limiting The Role of Nuclear Weapons- Whether Japan Will Take The First Step

ICNNDが「核の先制不使用をめざし、その第一歩として、核の役割を核の抑止に限定する」と提言したことを受け、日本政府がこれを実行に移すのかどうかに注目が集まっていますが、これに関して2つの重要な動きがありました。一つは、1月22日に岡田外務大臣が記者会見で米クリントン・ゲーツ両長官にあてた書簡を公表したことです。もう一つは、浜田昌良参院議員による質問主意書(1月18日付)に対する内閣総理大臣の回答が1月26日に出されたことです。これら2つの動きのなかで政府は、現時点では核の役割の限定は支持していないという立場をあらためて述べつつも、岡田外相はこの問題に「強い関心」を表明し、政府答弁書は「ICNND提言を参考にしつつ新たな政策提言を構築したい」と表明しました。以下、ICNNDのNGOアドバイザーである川崎哲・ピースボート共同代表による記者リリース文を紹介します。

With ICNND’s recommendation, “As the first step in aiming for  “no first use” of nuclear weapons, nations should limit the role of nuclear weapons to nuclear deterrence”, whether the Japanese government will set into action has been drawing attention. In response, there have been two significant developments. The first is that on January 22nd, Foreign Minister Okada revealed the letter he sent to Secretary of State Clinton and Secretary of Defense Gates at a press conference. The other is that the Prime Minister’s reply to Upper House member Masayoshi Hamada’s Diet Question of January 18th  was submitted on January 26th. With these two actions, the government restates its position,at this point, of not supporting limiting the role of nuclear weapons. However, Foreign Minister Okada states that he is “very interested” in this issue, and the government’s written reply announces, “Bearing in mind the ICNND report, we look forward to develop a new policy statement.” The following is a press release document by ICNND’s NGO adviser/Peace Boat Joint Representative  Akira Kawasaki.

核の役割限定 - 日本は一歩踏み出すのか
2010.1.27 川崎哲

核の先制不使用をめざし、その第一歩として、核の役割を核の抑止に限定する。すなわち、生物・化学兵器や通常兵器など「核以外の脅威」に対する核の役割は認めない。日豪による「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」(ICNND)は先月、このように提言しました。この提言を日本政府が実行に移すのかどうかが国際的に問われるなか、2つの注目すべき動きがありました。

Limiting the role of nuclear weapons- Whether Japan will take the first step

2010.1.27 Akira Kawasaki

As the first step in aiming for  “no first use” of nuclear weapons, nations should limit the role of nuclear weapons to nuclear deterrence. In other words, the role of nuclear weapons against “threats besides nuclear weapons” such as biological, chemical and conventional weapons will not be accepted. Last month,  Japan and Australia’s “The International Commission on Nuclear Non-proliferation and Disarmament” (ICNND)  declared such a statement. While whether the Japanese government would put this statement into action has become a global issue, there have been two noteworthy developments.

■岡田外相の書簡 - 「強い関心」

一つは、岡田外相が1月22日の記者会見で、12月24日付で米国のクリントン・ゲーツ両長官に送った書簡を公表したことです。米国の核態勢見直し(NPR)に対する日本の「基本的考え方」を伝えるというこの書簡の中で岡田外相は、クリントン長官らに対して、米国の核抑止力の重要性を強調しつつ、(1)「核の役割を核の抑止に限定する」(唯一の役割)、(2)「非核兵器国への核使用を禁止する」(消極的安全保証)の2点について、「強い関心」を有しており、「今後日米両政府間で議論を深めたい」としています。

会見において岡田外相は、先制不使用は「将来の課題」としつつ、「それ(先制不使用)に向けた現実的なステップ」として、この(1)唯一の役割と(2)消極的安全保証の2つがあると指摘。「この2つも簡単に実現するものではない」が、「ぜひ日米あるいは日豪のいろいろな場で議論してきたい」と述べています。(記者会見録はこちら

The first significant development is of Foreign Minister Okada revealing the letter he sent to the United States Secretary of State Clinton and Defense Secretary Gates (submitted on December 24th) at a press conference on January 22nd. In this letter, Foreign Minister Okada informs of Japan’s “basic views” concerning the US NPR to Secretary of State Clinton. While emphasizing the importance of the United States nuclear deterrence, Okada is “very interested” in 1) “the role of nuclear weapons be reduced to deterrence of the use of nuclear weapons” (the “Sole-Purpose”) and 2) “the use of nuclear weapons against non-nuclear weapons state members of the NPT be banned” (Negative Security Assurance) , stating that he “would like to have further discussions with our two governments”.

During the press conference, Foreign Minister Okada stated that the “no first use” policy was a “future agenda”, and “As a realistic step toward it [no first use],” he points out that there is 1) The “Sole-Purpose” policy and 2) the “Negative Security Assurance”. “Although even these two cannot be easily achieved,” he says,”I would like to discuss them within Japan-US, Japan-Australia and at various opportunities.”(Click here for the press conference)

■浜田議員の質問への回答 - 「新しい政策提言を構築したい」

もう一つは、浜田昌良参議院議員(公明)による「米国のNPRに対する我が国の対応」に関する質問主意書(1月18日付)への政府答弁書(1月26日閣議決定)です。ICNNDが提言した核の「唯一の役割」論を日本は支持するのかという質問に対して、答弁書は、従来の政府の立場を再確認しました。それは、「米国の核戦力と通常戦力の総和が、日本に対する核およびその他の攻撃を抑止する」というものであり、すなわち、日本政府は核の役割を「唯一の役割」に限定していない(通常戦力に対する核抑止もある)ことをあらためて明確にしました。

しかし答弁書は同時に、日本政府はICNND報告書を「評価」しており、「唯一の役割」を含む提案を行っているICNND報告書を「参考としつつ新たな核軍縮・不拡散に関する政策提言を構築したいと考えている」と付け加えました。

Another important development is the government reply (cabinet approved on Janauary 26th) to Upper House member Masayoshi Hamada’s Diet Question concerning “Our Country’s response to the United States NPR” (submitted on January 18th). In response to whether Japan will support ICNND’s proposal for the “Sole-Purpose” of nuclear weapons, the government’s reply re-acknowledges its conventional position, which is that “The summation of the United States nuclear capability and conventional force deters nuclear and other attacks against Japan”. Thus the Japanese government clarified once more that it has not limited the role of nuclear weapons to the “Sole-Purpose”- that nuclear weapons may deter conventional forces.

However, the Government’s reply simultaneously states that it “values” the ICNND report, adding that “bearing in mind the ICNND report [which includes a recommendation of the “Sole-Purpose” use of nuclear weapons], we would like to develop a  new policy proposal concerning nuclear disarmament and non-proliferation.”

■日本は「唯一の役割」への限定に踏み出すのか

以上2つの動きからいえることは、第一に、核の役割を「唯一の役割」に限定することに関して、日本政府は現時点ではそのような立場をとっていないということです。しかし第二に、このような核の役割の限定について、外相自身は「強い関心」を有しており、米国などと協議をしていきたいという姿勢を明確にしていること、そして政府が「新たな政策を構築する」可能性があるということです。

核廃絶への第一歩である「先制不使用」の、さらにその第一歩である「唯一の役割」に向けて、外相および政府は慎重ながらも踏み出す可能性を示唆しています。一刻も早い核廃絶を求める立場からはきわめて慎重かつペースの遅い対応であるといわざるをえませんが、それでも政策転換への小さな窓は開いています。早急な政府内での検討と新政策の確立が求められます。

It can be said from the two developments that firstly, Japan has not taken a stance at this point to limiting the role of nuclear weapons to the “Sole-Purpose”. However, secondly, the Foreign Minister is “very interested” in limiting the role of nuclear weapons, clarifying his position toward further discussions with other countries such as the US. Thus there is a possibility that the government would “develop a new policy”.

To take the first step in nuclear abolishment, which is “No First Use”, the Foreign Minister and Government suggest a possibility to take a cautious initiative step toward the “Sole-Purpose” policy.  Although from a position that urgently seeks for nuclear abolishment the response seems extremely cautious and slow-paced, it still indicates a small hope for a policy change.The government is requested prompt consideration and establishment of a new policy.

■「トマホーク退役反対」- 事実調査は不十分

なお、上記の岡田外相の書簡と浜田議員の質問主意書はいずれも、核の「唯一の役割」問題とあわせて、日本の外務官僚が米国に対して核トマホークの退役に反対する働きかけを行っていたとされる問題を取り扱っています。この点に関して外相書簡は、外務官僚が米国に対しそのようなことを「述べたことはなかったと理解している」として、働きかけを否定しました。そして「仮に述べたことがあったとすれば、それは核軍縮を目指す私の考えとは明らかに異なる」と付け加えています。政府答弁書は、「外交上の個別のやり取りを明らかにすることは差し控えたい」として、実質的に回答しませんでした。

岡田外相は会見で、米国の核抑止力に依存する日本の立場が米国内で「核について現状維持をしたいという立場に立つ人たち」から「上手く使われている」ので、「米国に間違ってメッセージが伝わっているとすれば、それは直さなければいけない」と説明しました。日本が米国の核軍縮に反対したり抵抗したりする意思はない、というメッセージを表明したものといえます。重要な意義をもつメッセージ表明です。

しかし、すでに外務官僚によるトマホーク問題での抵抗の様子が具体的かつ詳細に報道されていることを考えると(詳細はこちら(「核情報」より))、メッセージ表明とは別に、事実の調査および具体的な情報開示が必要です。その点での政府の対応は不十分です。現在すすめられている「核密約」の調査が国内外に信頼される外交の基礎になるのと同じように、このトマホーク問題に関しても、しっかりとした調査と具体的な情報開示があってはじめて外相のメッセージは真に信頼されるものになります。

Additionally, both above mentioned Foreign Minister Okada’s letter and Upper House member Hamada’s Diet Question bring up the issue of the Japanese officials that supposedly opposed to the retirement of the TLAM/N (Tomhawk Land Attack Missile-Nuclear). On this point, the Foreign Minister’s letter denies the lobbying, stating,”It is my understanding that…the Japanese Government has expressed no view concerning whether or not your government should possess particular [weapons] systems”, and adding that “if, hypothetically, such a view was expressed, it would clearly be at variance with my views, which are in favor of nuclear disarmament.” The government reply did not give a concrete response, noting “we would like to refrain from revealing diplomatic exchanges of individuals.”

During the press conference, Foreign Minister Okada explained that because Japan’s dependent position on the US nuclear deterrence  “is taken advantage” by “the people who would like to maintain the status quo on nuclear weapons”, “We must make corrections if there is a misunderstanding in the United States”. It can be said that he announced that Japan has no intention of opposing or resisting to the US nuclear disarmament. The announcement conveyed a very significant message.

However, since the issue of the Foreign Ministry officials’ resistance toward the retirement of TLAM/N has been reported in great detail (Click here to view details from Nuclear Information), it is necessary to conduct a fact-finding and disclose specific information aside from the message announcement. Concerning this issue, the government’s response is inadequate. As the ongoing search on the “Secret Nuclear Deal” will form the basis of a trustworthy diplomacy domestically and internationally,only a thorough investigation and a disclosure of specific information on the TLAM/N issue will make the Foreign Minister’s message truly reliable.

■問い合わせ
川崎哲(ピースボート共同代表/ICNND・NGOアドバイザー)
03-3363-7561 090-8310-5370

Contact: Akira Kawasaki (Peace Boat Joint Representative/ICNND & NGO Adviser) 03-3363-7561 090-8310-5370

■参考資料
岡田外相の書簡 2009.12.24 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/gaisho/pdfs/g_1001_01.pdf
岡田外相記者会見 2010.1.22 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/gaisho/g_1001.html#4
浜田議員の質問主意書 2010.1.18 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/174/meisai/m174001.htm
同・答弁書 2010.1.26 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/174/toup/t174001.pdf
核の役割限定に関するICNND提言
日 https://icnndngojapan.files.wordpress.com/2010/01/informationsheet_91.pdf
英 http://www.icnnd.org/reference/reports/ent/infosheets/InfoSheet_No09.pdf
「トマホーク退役反対」問題 (「核情報」より) http://kakujoho.net/blog/archives/000166.html
ICNND日本NGO連絡会 https://icnndngojapan.wordpress.com

2 Responses to 核の役割限定 - 日本は一歩踏み出すのか Limiting The Role of Nuclear Weapons- Whether Japan Will Take The First Step

  1. […] この問題に関する背景はこちらから。また「核情報」にこの問題の詳しい背景情報が掲載されています。 […]

  2. […] 先の浜田参院議員の米NPRおよび「核の役割限定」に関する質問趣意書に対して、政府答弁書は「ICNNDの報告を参考にして、新しい政策提言を構築したい」と述べています(詳しくはこちら)。政府内での議論が深まり、日本政府としての新たな政策が構築されていくことを多くの市民が注目していく必要があるでしょう。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。