岡田外相、クリントン・ゲーツ両長官に書簡--トマホーク退役反対を否定、核の役割限定に「強い関心」 Foreign Minister Okada sends a letter to Secretary of State Clinton and Defense Secretary Gates- Denies opposing to the retirement of TLAM/N, and “very interested” in limiting the role of nuclear weapons

1月22日、岡田外務大臣は記者会見で、去る12月24日にアメリカのクリントン国務長官およびゲーツ国防長官に対して核政策に関する書簡を出したことを発表し、その書簡を公表しました。

On January 22nd, Foreign Minister Okada announced at a press conference that he had sent a letter concerning nuclear policies to Secretary of State Clinton and Defense Secretary Gates, and released the document.

岡田外務大臣からクリントン国務長官宛の書簡はこちら English translation of the letter can be read here

「核廃絶の目標と反する政策を求めない」

書簡は、アメリカで現在進められている核態勢見直し(NPR)に関する岡田外相の「基本的な考え方を申し上げます」として始まっています。まず、日 本の安全保障の根幹は日米安保条約であり、日本は「核抑止力を含む貴国の拡大抑止に依存」しており、「この抑止の信頼性は十分な能力によって裏付けられる 必要があります」と述べています。そのうえで、オバマ大統領が「核兵器のない世界」を掲げ、核軍縮・不拡散、そして核廃絶の先頭に立っていることを「高く 評価」し、日本も共に努力していきたいと述べています。

“Japan does not demand a policy that conflicts with the goal of a world without nuclear weapons.”

The letter begins with Forein Minister Okada writing “allow me to convey my basic views” regarding the Nuclear Posture Review (NPR) currently being conducted by the United States. First, it states that the basis of Japan’s security lies in the Japan-U.S. Security Treaty, that Japan is “dependent on the US extended deterrent”, and that “it is necessary that trust in this deterrence be backed up by sufficient capability”. Okada further states that the Japanese government “lauds” the fact that President Obama called for “a world without nuclear weapons” , taking the lead in global nuclear disarmament, nuclear non-proliferation and nuclear abolition, asserting that Japan wishes to work together with the United States in pertaining the goal.

そして日本は「貴国の拡大抑止を信頼し、重視して」いるけれども、しかし、「これは、我が国政府が『核兵器のない世界』という目標と相反する政策を 貴国に求めるものではありません」と述べています。日本がアメリカの核軍縮に抵抗したり、核軍縮に逆行する政策を求めることはない、という趣旨として読む ことができます。

Also, Okada describes that although Japan “places trust and importance on your government’s extended deterrence,” “this does not mean that the Japanese Government demands a policy of your government which conflicts with the goal of a world without nuclear weapons.” It can be inferred from the letter that Japan will not oppose or request a regressive policy for nuclear disarmament of the United States.

トマホーク退役反対を否定、「私の考えとは明らかに異なる」

具体的には、この間、米議会戦略態勢委員会のなかで日本外務省の当局者が「貴国の核トマホーク(TLAM/N)の退役に反対したり、貴国による地中 貫通型小型核(RNEP)の保有を求めたりしたと報じられて」いることに触れ、「我が国政府として、上記委員会を含む貴国とのこれまでのやり取りの中で、 TLAM/NやRNEPといった特定の装備体系を貴国が保有すべきか否かについて述べたことはないと理解しています」と述べています。しかしそのうえで、 「前内閣の下で」行われたこの委員会協議の場で、仮に外務省当局者がそのように述べたことがあったとすれば、「それは核軍縮を目指す私の考えとは明らかに 異なる」と付け加えています。

ただし、TLAM/Nの退役が行われることになる場合には、「我が国への拡大抑止にいかなる影響を及ぼすのか、それをどのように補うのか」といった拡大抑止のあり方について「引き続き貴国による説明を希望する」としています。

Okada denies opposition of the retirement of the United States TLAM/N: “It would clearly be at variance with my views”

Referring to the Japanese officials of the responsible deplomatic section that “opposed the retirement of the United States Tomahawk Land Attack Missile – NUclear (TLAM/N) and requested that the United States maintain a Robust Nuclear Earth Penetrator (RNEP)”, Okada states that “the Japanese Government has expressed no view concerning whether or not your government should possess particular [weapons] such as TLAM/N and RNEP.” However he also adds that if such a view was expressed “under the previous Cabinet”, “it would clearly be at variance with my views, which are in favor of nuclear disarmament.” However, if TLAM/N is retired, Okada expresses that ” we [the Japanese government] hope to receive ongoing explanations of your government” concerning “any impact this might have on extended deterrence for Japan and how this could be supplemented”.

核の役割限定に「強い関心」、「日米で議論深めたい」

さらに書簡は、ICNND報告書に触れ、その中の、①「すべての核武装国による措置として核兵器の目的を核兵器使用の抑止のみに限定すべきこと」、 ②「NPT非核兵器国に対する核兵器の使用を禁止すべきこと」という2つの提案について、「私は強い関心を有しています」と述べています。そして、「直ち に実現し得るものではないかもしれませんが」と前置きした上で、これらの提案について「現在あるいは将来の政策への適用の可能性について、今後日米両政府 間で議論を深めたいと考えています」として、書簡を締めくくっています。

Okada: “very interested” in restricting the role of nuclear weapons and “would like to have further discussion between our two governments”

Furthermore, Okada addresses the ICNND report in his letter stating, “I am very interested” in the two suggestions with the first being “the role of nuclear weapons be restricted to deterrence of the use of nuclear weapons” and the second being “the use of nuclear weapons against non-nuclear weapon state members of the NPT be banned”. Okada concludes the letter by first admitting that “while it may not be possible to realize these immediately”, then continuing to express, “I would like to have further discussion between our two governments on the possibility of adopting such measures in present or future policy.”

総じて、この書簡は、
1.今年3月はじめにも議会に報告される米NPRに向けた日本国の考え方を示すものであり、
2.アメリカの核抑止を含む拡大抑止が日本の安全保障の根幹であることを前提としつつ、
3.核兵器廃絶の目標に反する政策を日本が求めることはない、として、これまで高まっていた「日本が核軍縮の抵抗勢力」との議論を排し、
4.米戦略態勢委員会における「TLAM/N退役反対、RNEP保有要請」の報道を否定しつつ、仮に事実であったとしても「私の考えとは明らかに異なる」と念押しし、ただしTLAM/Nが退役するならそれを補う抑止力に関する「説明」を求め、
5.ICNND報告の中から「核の役割を核抑止のみに限定(唯一の役割)」、「NPT非核兵器国への核使用禁止(消極的安全保証)」の2つについて「現在または将来の政策として日米で議論を深めたい」

と述べた書簡といえます。
As a whole, this letter

1. Indicates Japan’s view toward the United States NPR, which is to be submitted by the beginning of this march
2. While maintaining that the United States extended deterrent, including nuclear deterrent, is the basis of Japan’s security,
3. Clarifies that Japan does not demand a policy that conflicts with the goal of a world without nuclear weapons, therefore ending the discussion on “Japan’s resistance against nuclear disarmament,”
4. Denies the press coverage on the Japanese officials of the Congressional Commision on the Strategic Posture of the United States opposing the retirement of the TLAM/N and requesting that the US maintain a RNEP, but indicates that if it were true “it would clearly be at variance with my views”, requesting ongoing “explanations” of supplementary nuclear deterrency in case TLAM/N is retired, and
5.States, “I would like to have further discussion between our two governments on the possibility of adopting such measures in present or future policy” concerning the two suggestions in the ICNND report: “The role of nuclear weapons be restricted to deterrence of the use of nuclear weapons,” and “the use of nuclear weapons against non-nuclear weapon state members of the NPT be banned.”

この記事に関する報道は以下の通りです。

核戦力維持、日本の働きかけを否定 岡田外相、米に書簡、朝日新聞、1月22日

外相、核先制不使用へ議論提案 米長官に書簡、共同通信、1月22日

核のない世界に向け努力 岡田外相が米に書簡、産経新聞、1月22日

岡田外相 核政策で米国務長官らに書簡、日本テレビ、1月22日

外相が米国務長官らに書簡=「核廃絶に反する政策求めぬ」、時事ドットコム、1月22日

米国:核態勢見直し 日本政府、書簡で高く評価、毎日新聞、1月22日

外相「米国に書簡」と発表 改めて政府の核政策説明、日経新聞、1月22日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。