核兵器の役割の縮小と非核三原則の法制化を求める要請 NGO petition to reduce the role of nuclear weapons and legislate the three non nuclear principles

1月22日、核兵器廃絶に取り組む日 本の主要18団体の代表者らが連名で、「核兵器の役割の縮小と非核三原則の法制化を求める要請」を日本政府に提出しました。要請書は、(1)アメリカの核 態勢見直し(NPR)にあたって核兵器の役割の縮小、とりわけ核の役割を核の抑止に限定することに反対しないこと、(2)非核三原則を法制化すること、を 求めています。

On January 22nd, 18 key Japanese organizations working for the abolition of nuclear weapons submitted a joint “Petition for reducing the role of nuclear weapons and legislating the three non nuclear principles ” to the Japanese government. The petition requests

1) the government to not oppose reducing the role of nuclear weapons, especially limiting the weapons’ role to nuclear deterrence, concerning the United States’ Nuclear Posture Review (NPR).

2) the legislation of the three nonnuclear principles.

要請書は、今年3月はじめにも議会に提出が予定されている米国のNPR策定にあたって、日本政府が「生物・化学兵器、更には通常兵器の攻撃に対し ても、核兵器を使用する可能性を求め」、核兵器の役割を限定することに強く反対してきたことを指摘しています。そして、日本政府の官僚が、米国の攻撃用原 潜に搭載されている巡航ミサイルの退役に反対したとすら報道されていることも指摘しています。さらに、アメリカが核の役割を縮小した場合「日本が核武装に 走」る可能性があるという米政権内の議論について、日本の官僚がそれに明確な反対をせず、むしろ「その疑念を高める発言をしている」と述べています。
これらのことから、日本政府が、米国が核の役割を核の抑止に限定することに「反対しないことを明確に表明してこれをアメリカに伝える」とともに、「今後 とも核武装する意思がなく、核兵器にできるだけ依存しないことを明らかにするために、非核三原則の法制化を図ること」を求めています。

The petition notes that the Japanese government has been strongly opposed to reducing the role of nuclear weapons, that it “seeks the option of using nuclear weapons against biological, chemical and even conventional weapon attacks”,in reference to the United States’ NPR policy that is to be submitted to Congress this March. Also, it points out that the bureaucrats of the Japanese government have reportedly been in opposition to the decommision of cruise missiles integrated in offensive US nuclear submarines. Furthermore, it states that the Japan bureaucracy has not clearly opposed to the US government discussion on Japan’s possibility of becoming nuclear-armed if the US reduced its role of nuclear weapons. The document concedes that in fact, “they[the Japanese bureaucrats] are making remarks that further the speculation.” Thus the document requests that, concerning the United States’ reducing the role of nuclear weapons to nuke deterrence,the Japanese government “clearly announce and inform the United States that it will not oppose” as well as it “takes measurement on legislating the three nonnuclear principles in order to clarify that Japan has no intention to become nuclear armed and will not be dependent on nuclear weapons.”

ICNNDにおいては、報告書策定作業の中で核の役割の限定に対して日本側委員が抵抗したことが報じられています。しかし結果的には、ICNND 報告書は、核の役割を核の抑止に限定する(「唯一の役割」)宣言を核保有国が行うことを短期的措置として求め、とりわけ米国に対してNPRにおけるそのよ うな宣言を求めました。ICNNDの事務局をつとめている日本政府がこの勧告にどう応えるのか、3月のNPRを前に日本政府の対応が今問われています。要 請書は、その点を政府に質す内容になっています。
要請書は本日(1月22日)、岡田外務大臣、福山外務副大臣、西村外務政務官、外務省軍備管理軍縮課にそれぞれファックスにて送付されました。

要請書全文はこちら

Concerning ICNND, the Japanese members reportedly resisted to reducing the role of nuclear weapons during the report planning process. However, in the end the ICNND report requested that nuclear powers reduce the role of nuclear weapons to nuclear deterrence (“Sole-Purpose”) , especially urging the United States to make such a statement in its NPR. As the head of ICNND, the Japanese government is questioned on how it will respond to this recommendation with the NPR coming up in March. The petition inquires into the issue to the Japanese government. It was faxed today (January 22nd) to Foreign Minister Okada, Vice Foreign Minister Fukuyama, Parliamentary Vice-President for Foreign Affairs Nishimura, and the Arms Control and Disarmament Division.
Click here to view the petition.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。