ICNND報告書に対する市民社会の反応 Civil society response to ICNND report

12月15日ICNND報告書が発表されました。ICNNDのホームページからダウンロードすることができます(英語)。

これに対して広島・長崎市長、日本・オーストラリアその他各国のNGOによる共同声明が発表されました。
タイトルは「この計画では遅すぎる。前倒しで実行せよ」です。ここからダウンロードできます: 日本語 英語

また、同時にオーストラリアの核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が声明を出しています。これも紹介します(簡略版完全版)。詳細はICANのホームページをご覧下さい。

また、NGOアドバイザーの川崎哲ピースボート共同代表による「重要な勧告」を含むメモはこちらからご覧になれます。

The ICNND report was launched on 15 December. It can be downloaded from the ICNND homepage here.

In response to this, a joint statement has been announced by the Mayors of Hiroshima and Nagasaki, together with NGOs from Japan, Australia and beyond.
The title of the statement is “The pace is too slow. Implementation must be accelerated.”
The statement is available here in Japanese and English.

Furthermore, the International Campaign to Abolish Nuclear Weapons (ICAN) has also released a statement in response to the report, which can be downloaded here. See the ICAN homepage for more information.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。