メルボルンから、鳩山首相らへの手紙 Letter to PM Hatoyama from Melbourne

2009年12月8日、メルボルン在住の日本人の平和グループJapanese for Peace (JfP)(HPはこちら) が鳩山首相をはじめ、外務大臣、在豪日本大使館、総領事館に、NPT再検討会議に向けて日本が核廃絶の大胆なイニシアティブを執るよう、手紙を送りました。

On 8 December 2009, Melbourne-based peace group Japanese for Peace (JfP) (homepage here)  sent a letter to Prime Minister Hatoyama, as well as the Foreign Minister and Japanese Embassy and Consulate in Australia, calling for Japan to lead initiatives for nuclear abolition towards the NPT Review Committee.

手紙はこちらからご覧になれます。English version is here.

The letter can be read online here in Japanese and English.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。