ICNND「唯一の役割」提言に対して日本政府はどうするのか?–国会論戦 Japanese government reaction to ICNND’s recommendation of “sole purpose” – Diet debate

すでにお知らせしているとおり、ICNNDは今月中にも報告書を発表し、そのなかで「核兵器の『唯一の役割』は核の使用を抑止することである」と宣言するよう、核保有国に要請するとみられます。この核の「唯一の役割」に関する宣言(“Sole Purpose” Declaration)を、3段階行動計画のうちの「短期的措置」(2012年までに実現する措置)として提言するということです。
As previously written, the ICNND will be releasing its final report this month, and is likely to call for nuclear weapon states to declare that the “sole purpose” of nuclear weapons should be to deter the use of other nuclear weapons. This “Sole Purpose” Declaration will most likely be listed as one of the short-term measures (to be realised by 2012) within the report.

この問題について、国会で論戦が行われています。浜田昌良参議院議員(公明党)が岡田克也外務大臣に対して、ICNNDがこのような提言をおこなえば、それは日本の政策とは異なる、なぜならば日本はいま生物・化学兵器や通常兵器に対しても核の役割があるという立場をとっているからである、この点を政府としてはどう考えるのか、という趣旨の質問をしました。これに対して岡田外相は11月27日、核の「唯一の役割」に限定するということは、「現時点では日本政府として支持できない」という答弁をしました。
An intense debate is now going on regarding this topic at the Diet. Parliamentarian Hamada Masayoshi (Komeito) presented a question to Foreign Minister Okada Katsuya, asking the Government’s  thoughts on the fact that if the ICNND recommends Sole Purpose, this is different to Japanese policy, which now takes the position that nuclear weapons also have a role in the deterrence of biological, chemical and conventional weapons. Foreign Minister Okada responded on 27 November that limiting the role of nuclear weapons to this “sole purpose” would be something the Japanese Government could not support at present.

岡田外相は強い「先制不使用」論者として知られています。答弁においても、「唯一の役割」の提言を含むような報告書が出てくるならば、それは「よい報告書であると思う」と、彼自身の“思い”は述べましたが、それがただちに政府の政策になるわけではないことを強調しました。そして、今の時点での政府の核政策は自民党政権時代のものと同じだ、という慎重な答弁に終始しました。
Minister Okada is known for his strong advocacy of Non-First Use. Within his response, he presented his own personal opinion that if the ICNND report included a recommendation such as for Sole Purpose that this would be “a good report”, however emphasised that this position is not necessarily the same as the Government’s policy. This very significant response showed that the current nuclear policy of the Japanese Government is the same as it was during the former Liberal Democratic Party’s administration.

このことは、政府内において、岡田外相の個人的見解としての「先制不使用」「核の役割限定」に対する抵抗が非常に根強いことを物語っています。政府内の協議に慎重を期すあまり、外相の答弁が非常に「防衛的」なものになっているといえるでしょう。核の役割の限定と縮小を支持していく市民の声を、もっと明確なかたちで、政府・大臣そして国会議員たちに届ける必要があります。
This demonstrates the extremely deep resistance within the Government to Okada’s personal position in support of non-first use and limiting the role of nuclear weapons. Considering that it is now a key time for internal debate on nuclear policy, it can be said that the Foreign Minister’s response was quite defensive. The need to deliver voices of citizens in support of limiting and reducing the role of nuclear weapons to the Government, Ministers and parliamentarians in a much clearer way is evident.

浜田昌良参院議員(公明)の参議院外交防衛委員会での質問はこちらから

2009.11.19 動画開始から8:00のところが該当部分

その前段となる2009.11.19の質問も参照。

Parliamentarian Hamada’s question can be seen here, from around the 8.00 mark on the 2009.11.19 footage.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。