「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)」の報告書発表せまる――日本の核政策を見直す好機―― Upcoming ICNND Report launch opportunity to reexamine Japanese nuclear policy

日本と豪州の両政府が共同で運営する有識者会議「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)」の報告書が、12月末までに発表される見通しとなりました。エバンズ豪元外相と川口元外相が共同議長をつとめるICNNDには、ペリー米元国防長官、ブルントランド・ノルウェー元首相など、各国の政治・軍事元高官ら15人の委員が参加しています。2008年10月からこれまでにシドニー、ワシントン、モスクワ、広島で会合を重ね、来年5月の核不拡散条約(NPT)再検討会議に向けた提言を含む報告書を発表します。日本側事務局は、外務省・軍備管理軍縮課です。

The final report of the Japan-Australia led International Commission on Nuclear Nonproliferation and Disarmament (ICNND) is expected to be announced by the end of December. The ICNND, co-chaired by former foreign ministers Gareth Evans and Kawaguchi Yoriko, also features 15 high level commissioners including former US Secretary of Defense William Perry, former Norwegian Prime Minister Gro Harlem Brundtland, and other senior political and military officials. Since October 2008, the Commission has held meetings in Sydney, Washington DC, Moscow and Hiroshima, and will announce its report featuring recommendations including towards the NPT Review Conference to take place in May 2010. The Japanese Secretariat of the COmmission is within the Ministry of Foreign Affairs’ Arms Control division.

委員会には豪州と日本から1名ずつNGOアドバイザーがおかれ、日本国内ではこの委員会に働きかけるための「NGO連絡会」がつくられています。国内外のNGOは、共同議長との意見交換会、委員との対話、被爆者の証言セッションの実現、意見書の提出などを行ってきました。

An NGO Advisor from both Japan and Australia were appointed, and within Japan an NGO Network was launched to engage with the Commission. Domestic and international NGOs have held a series of roundtables with the Co-Chairs, dialogue with Commissioners, realised a testimony session by Hibakusha (survivors of the atomic bombs) and submitted various letters and papers to the Commission.

(報道・メディア関係者向けのリリース文はこちら
(Media release is available here)

(国会議員・政策スタッフ向けのリリース文はこちら
(Release for Diet members and policy staff is こちら)

■■どのような報告書になるか
■■What kind of report will it be?

これまでの発表や報道によると、ICNND報告書は次のような内容を含むとみられます。
According to reports and media until now, the ICNND is likely to include the following contents.

◎短期(~2012)・中期(2012~2025)・長期(2025~)の3段階の行動計画
An action plan in three stages: short term (-2012), mid-term (2012-2025) and long-term (2025-)

◎2025年までに「世界の核兵器が2000発以下」「核の先制不使用合意」をめざす
Aiming for “less than 2000 nuclear weapons in the world” and “agreement on no-first use” by 2025

◎短期的措置として、「核兵器の唯一の役割は核の使用を抑止すること」と宣言し、非核保有国には核を使用しないとの約束をすることを、核保有国に求める
As short-term measures, declaration of “the sole purpose of nuclear weapons to be nuclear deterrence” and calling for nuclear weapon states to agree not to use nuclear weapons against non-nuclear weapon states

◎中期的措置として、「核兵器禁止条約」を作成する
As mid-term measures, creation of a Nuclear Weapons Convention

◎核燃料サイクルの多国間管理化を追求する
Pursuing multilateral control of the nuclear fuel cycle

外務省資料:こちらから。
Ministry of Foreign affairs materials here

■■日本にとっての意味は
What does this mean for Japan?

2025年という遠い先にまだ2000発の核を許容し、さらにその先ゼロに至る行程を示さないのだとすれば、被爆国・日本からの発信としてはかなり弱い報告書といわざるをえません。日本が「核廃絶に向けて先頭に立つ」(鳩山首相の国連演説)ためには、この委員会の提言を一歩も二歩も前倒ししながら政策を進めることが必要です。
まず重要なのは、核兵器の役割の縮小です。委員会は、核の「先制不使用」をめざし、第一歩として、核兵器の役割を核の抑止に限定することを提言する見通しです。委員会がこれを提言すれば、日本は厳しく選択を迫られます。政府はこれまで、先制不使用に反対し、生物・化学兵器に対しても核の役割があるとする立場をとってきたからです。岡田外相は「先制不使用の検討」を表明していますが、公式な政策変更はまだ行われていません。米国が核戦略の見直しを進めているさなか、日本の選択は世界的意味をもちます。

このほかにも、核兵器禁止条約の提案や、北東アジア非核兵器地帯、核不拡散措置の強化など、日本がこれからとることのできる核政策について議論する好機です。

国内外のNGOは、すでに委員会に関連するさまざまな分析や声明を発表しているほか、報告書発表時には、NGOとしてのコメントを出す予定です。そして、報告書を受けて日本の核政策を見直すよう、国会議員および新政権への働きかけを強めていきます。ぜひ、これらの過程にご注目いただきたいと思います。NGOの分析、声明、資料等は、以下にお問い合わせください。

■■連絡先 Contact
ICNND・NGOアドバイザー 川崎哲(ピースボート)
ICNND NGO Advisor Kawasaki Akira (Peace Boat)
03-3363-7561 090-8310-5370 kawasaki [at] peaceboat.gr.jp
ICNND日本NGO連絡会 / ICNND Japan NGO Network
045-563-5101(ピースデポ気付 Peace Depot)

■■参照 For more information
ICNND日本NGO連絡会 / ICNND Japan NGO Network
https://icnndngojapan.wordpress.com/
ICNND
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/icnnd/index.html

ICNND Japan NGO Network

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。