ティルマン・ラフさんの中国新聞への投稿 Tilman Ruff’s article in the Chugoku Shimbun

核戦争防止国際医師会議(IPPNW)の理事、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)議長であり、ICNNDのNGOアドバイザーをつとめるティルマン・ラフさん(豪メルボルン大学)が「ヒロシマと世界:私たちは皆ヒバクシャ 核の脅威は人類共通」という論説を中国新聞に寄せていますので、ご紹介します。(2009.11.10朝刊掲載)
Board member of International Physicians for the Prevention of Nuclear War,  Chair of the International Campaign to Ban Nuclear Weapons (ICAN) and ICNND NGO Advisor Tilman Ruff (University of Melbourne, Australia) has published an editorial, “We can imagine and build a world free of nuclear weapons,” in the Chugoku Shimbun. It can be read online here:

日本語/Japanese

英語/English

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。