ICNND広島会合に関するNGO声明 NGO Statement Concerning the Hiroshima Meeting of the ICNND

【ICNND広島会合に関するNGO声明】
NGO Statement Concerning the Hiroshima Meeting of the International Commission on Nuclear Non-proliferation and Disarmament (ICNND)

2009年11月6日 / 6 November 2009

日豪政府主導で発足した「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)」の第4回会合が10月17日~20日に広島にて開催されました。ICNNDは本年末から来年初頭にかけて報告書をまとめ、発表する予定です。
The International Commission on Nuclear Non-Proliferation and Disarmament (ICNND), an initiative of the Australian and Japanese governments, held its fourth meeting in Hiroshima from October 17 to 20 2009. It is expected that it will release its report in the near future.

広島会合終了後の記者会見において、ギャレス・エバンズ、川口順子両共同議長は、会合での議論の概要を示しましたが、残念ながら、その内容はこれまでICNNDへの働きかけを行ってきたNGO・市民として、落胆せざるを得ないものでした。
After the Hiroshima meeting, the Co-chairs (Gareth Evans of Australia and Yoriko Kawaguchi of Japan) held press conferences in which they outlined the meeting’s main outcomes. Unfortunately, their comments were a great disappointment to the representatives of civil society who have engaged with the Commission over the past year.

そこで本日、この間ICNNDの取り組みを注視してきた日豪および国際NGOのメンバーは、両共同議長及びICNND事務局に対し、添付の声明を送付しました。
In response to the Co-chairs’ comments, members of Australian, Japanese and international NGOs who have followed the ICNND process issued a statement today.

海外の署名者の関連情報は下記のサイトをご参照ください。
Information about the organizations to which the signatories belong can be found on the following web sites:

  • 核戦争防止国際医師会議 (IPPNW)
    International Physicians for the Prevention of Nuclear War
    http://www.ippnw.org/
  • オーストラリア核戦争防止医学協会 (MAPW)
    Medical Association for Prevention of War
    http://www.mapw.org.au/
  • 核兵器廃絶国際キャンペーン (ICAN)
    International Campaign to Abolish Nuclear Weapons
    http://www.icanw.org/

PDFとしてここからダウンロードすることができます:
Download the statement as a pdf here:
English
/ 日本語

See below for the full statement.

核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)広島会合に関するNGO声明(仮訳)

2009年11月6日

2009年10月17日から20日にかけ、日豪両政府のイニシアティブによる核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)の第四回会合が広島で開催された。会議終了後の記者会見において、共同議長から会合の概要が説明された。きわめて遺憾なことに、共同議長の発言は、過去1年以上にわたって委員会への関与を続けてきた市民社会の代表の期待を大きく裏切るものであった。

委員会は、「行動指向型の報告書」を作成し、「各国の政治的指導者に働きかけ、実際の核軍縮等を促す」と述べていた[1]。しかし我々は、近い将来に発表される予定の委員会報告が、「核兵器のない世界」への現在の気運をむしろ失速させかねないとの危惧を抱いている。

様々な市民社会の団体が、2020年から2025年の間に核兵器を廃絶するよう求めている。レーガン・ゴルバチョフ両大統領による一連のレイキャビク・サミットでは、核兵器廃絶の過程に10年を要するとの見通しが示されていた。両共同議長が署名者に名を連ねている「グローバル・ゼロ」キャンペーンは、2030年までに核兵器のない世界を達成することを提唱している。そして、被爆者は、自らが存命のうちに「核兵器のない世界」が実現することを切望している。しかし委員会はゼロに至る目標年を提唱しなかった。「中期」目標として、2025年までに1000発を優に超える核兵器が存在する「最小化地点」が設定し、その後については実施における詳細も、時間枠もまったくなく、示唆さえもされていない。このような報告書を出すことの実際的な結果として、脅威に見合った切迫感が失われてしまうのみならず、委員会の勧告が、核兵器ゼロではなく、核兵器が削減された世界をめざす国々の正当化の口実に使われてしまうという重大な危険性が存在する。1000発を優に超える核兵器が存在する「最小化」地点は、我々が直面している危険を最小化せず、世界的な大惨事に至る危険を継続させ、人類の文明社会を終焉に導く。これが冷厳な現実である。

市民社会は「核兵器禁止条約」(NWC)の早期交渉開始を求めている。しかし委員会は、NWCを遥か彼方の期待という程度にしか受け止めていないようである。広島会合終了後の記者会見を受けたメディアの伝えるところによれば、共同議長はNWCについて中期(2012年~2025年)で取り上げられる課題であると言及したという。しかし、直近の将来において委員会がNWCに直接的かつ明確に取り組むとの意志を示さないことに深い失望を禁じえない。我々は、検証可能かつ段階的なNWCの交渉を遅くとも2015年までに開始し、2020年までに締結することが妥当かつ現実的であると考える。

委員会は、2012年までに、核兵器の役割を核攻撃の抑止に限定する(中核的抑止)との宣言を行うことを提唱した。「中核的抑止」はそれ自体は目標ではないが、このような方法で核兵器の役割を制限することは、核兵器の数や前方配備、警戒態勢の大幅な低下を促進するための重要な措置である。しかし、委員会の2012年という目標年は、きわめて重要な意味を持つ来年の核不拡散条約(NPT)再検討会議までに核兵器国とその同盟国が自国の安全保障政策における核兵器の役割を低下させることを実質的に遅らせかねない危険性を孕んでいる。とりわけ現在においては、米国の核態勢見直し(NPR)ならびにロシアの軍事ドクトリンの見直しが進行中であり、来年早々には完結するとされている。今こそ圧力をかけるべき時である。世界の核兵器の95%以上を保有する米ロは、もし自国の本気度を示そうと思うのであれば、両国がすでに述べている「核兵器のない世界」への誓約を自国の軍事ドクトリンに反映させなければならない。両国がそうした行動を選ぶならば、それは前進の大きな一歩となり、NPT再検討会議成功の可能性を飛躍的に増大させるであろう。もし両国がそのような道を選ばなければ、拡散のなだれ現象を起こす限界点を越えてしまうだろう。

関連した問題が核兵器の「先制不使用」である。10月18日に京都で、岡田克也外務大臣は、かねてからの持論である核兵器の先制不使用支持を再び繰り返し、ICNNDの報告書がこのような政策を支持することに期待を示唆した。しかし委員会は、先制不使用の早期採択を勧告する代わりに、これを2025年を目指した中期目標へと後退させたようである。ICNNDはその定義に混乱を生じさせる要件を導入したが、現在の重要な局面においてこのような遠い目標は間違ったシグナルを送るものである。

伝えられるところによると、日本の委員ならびに諮問委員が、米国の拡大核抑止(核の傘)を弱体化させるとの理由から、これらの勧告の目標年を遅らせる上で重大な影響を与えたとされる。そのような主張は、欺瞞的かつ非建設的な議論である。日本の委員や諮問委員がこれらの問題における妨害的な役割を果たしたことが事実であるとすれば極めて遺憾である。核軍縮の前進に向けて最終的に行動するのは政府である。委員や諮問委員の任命が日米両国での政権交代以前であったこと、さらには、日本の共同議長が(現野党の)高位の現役政治家であることによって委員の独自性がそもそも損なわれていたことを念頭に置きつつ、日豪両政府は政策指導力を発揮しなければならない。また、両政府は、「核兵器のない世界」の実現に向けた具体的措置への必要な支援を現在の重要局面において弱体化させ、あるいは遅延させる動きを容認してはならない。両政府は、核兵器廃絶に向けた不可欠の初期措置として核兵器の役割縮小と先制不使用ドクトリンへの支持を速やかに宣言するべきである。

我々はまた、核兵器の使用あるいは使用の威嚇の禁止に時間枠が定められていないこと、また、広島会合以前の報道で1000発とされていた2025年までの核兵器の目標数が会合後に「2000以下」になっていたことも遺憾に思う。我々は、「最小公分母.」でまとめるというプロセスが委員会の仕事を妥協の産物にしてしまうのみならず、広範な市民社会の支持を獲得し、意識を喚起し、指導力を発揮する上での潜在能力を低下させていると懸念する。我々は、今後委員会が勧告を強化し、「核兵器のない世界」に向けた真の主導性を示し、効果的な政策提言を行うよう望む。

来年の再検討会議に向けて、我々はすべての政府に対し、今年4月のオバマ大統領のプラハ演説や9月の国連安全保障理事会決議を含む、近年の一連の出来事がもたらした「核兵器のない世界」への気運をさらに高めるべく、具体的行動をとるよう要求する。人類が直面する重大な危機を乗り越え、「核兵器のない世界」の実現に向けた現在の歴史的好機を活用してゆくような大胆な指導力が求められている。

 

署名者:

森瀧 春子

核兵器廃絶を求めるヒロシマの会(HANWA)共同代表

ICNND日本NGO連絡会共同代表

内藤 雅義

日本反核法律家協会理事

ICNND日本NGO連絡会共同代表

田中 煕巳

日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)

ICNND日本NGO連絡会共同代表

イメ・ジョン(Ime John/ナイジェリア)

核戦争防止国際医師会議(IPPNW)共同代表

朝長 万左男

核兵器廃絶ナガサキ市民会議

ICNND日本NGO連絡会共同代表

セルゲー・コレスニコフ(Sergey Kolesnikov/ロシア)

核戦争防止国際医師会議(IPPNW)共同代表

ヴァプ・タイパレ(Vappu Taipale/フィンランド)

核戦争防止国際医師会議(IPPNW)共同代表

ビル・ウィリアムズ(Bill Williams/オーストラリア)

オーストラリア核戦争防止医学協会(MAPW)代表

川崎 哲

ピースボート共同代表

ICNND共同議長に対するNGOアドバイザー

ティルマン・ラフ(Tilman Ruff/オーストラリア)

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)議長

ICNND共同議長に対するNGOアドバイザー


[1] 外務省「シドニーにおける第一回会合の結果概要」http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/icnnd/1meet_gh.html

 

6 November 2009

NGO Statement Concerning the Hiroshima Meeting of the International Commission on Nuclear Non-Proliferation and Disarmament

The International Commission on Nuclear Non-Proliferation and Disarmament (ICNND), an initiative of the Australian and Japanese governments, held its fourth meeting in Hiroshima from October 17 to 20 2009. At press conferences after the meeting the Co-Chairs outlined the meeting’s main outcomes. Unfortunately, their comments were a great disappointment to the representatives of civil society who have engaged with the Commission over the past year.

The Commission said that it would produce an “action-oriented report” and “lobby political leaders throughout the world to encourage real nuclear disarmament”.1 However, we fear that the Commission’s report, which is expected to be released in the near future, could in fact act as a brake on the current momentum towards a world without nuclear weapons.

Various civil society organizations call for the abolition of nuclear weapons by between 2020 and 2025. Presidents Reagan and Gorbachev at successive Reykjavik summits envisioned this process taking a decade. The Global Zero campaign, to which both of the Commission co-chairs are signatories, advocates achievement of a world free of nuclear weapons by 2030. The Hibakusha (atomic bomb survivors) yearn to achieve a world free of nuclear weapons in their lifetimes, but the Commission proposed no target date for getting to zero. It sets a ‘minimisation point’ with well over 1000 nuclear weapons by 2025 as a ‘medium term’ goal, and no operational detail or timeframe, even indicative, beyond that. There is a serious risk that the practical result will be the erosion of a sense of urgency commensurate with the threat, and that the Commission’s recommendations will be used as justification for those who aim for a world with fewer rather than no nuclear weapons. The grim reality is that a ‘minimization’ point with well over 1000 nuclear weapons does not minimize the dangers we face – and will continue to risk global catastrophe and the end of human civilization.

Civil society calls for the early commencement of negotiations for a Nuclear Weapons Convention (NWC), but the Commission appears to view a NWC as little more than a distant prospect. Media reports from press conferences held after the Hiroshima meeting indicate that the Co-Chairs mentioned a NWC as an issue to be addressed in the medium term (2012 – 2025), but the Commission’s lack of direct and explicit engagement on a NWC in the very near future is a major disappointment. We regard the commencement of negotiations on a verifiable, phased NWC by no later than 2015, and their conclusion by no later than 2020, as appropriate and realistic.

The Commission proposed that the role of nuclear weapons be declared to be restricted to deterring nuclear attacks (core deterrence) by 2012. “Core deterrence” is not an end in itself, but restricting the role of nuclear weapons in this way is an important step to facilitate deep reductions in the number, forward deployment and alert status of nuclear weapons. However, there is a danger that the Commission’s 2012 target date could actually delay nuclear weapons states and their allies from reducing the role of nuclear weapons in their security policies by next year’s critical nuclear Non-proliferation Treaty Review Conference. In particular, the United States’ Nuclear Posture Review and Russia’s review of military doctrine are being carried out now and will be finalized by early next year. Pressure is needed now. If they are to be taken seriously, the countries with over 95% of the world’s nuclear weapons must reflect their stated commitment to a world free of nuclear weapons in their military doctrines. If they do, it would be a major step forward and greatly increase the likelihood of a successful outcome to the NPT Review Conference. If they do not, a tipping point towards a cascade of proliferation will likely be crossed.

A related issue is “no first use” of nuclear weapons. On 18 October in Kyoto the Japanese Foreign Minister, Katsuya Okada, repeated his oft-expressed support for nuclear no first use, indicating that he expected the ICNND’s report to support such a policy. However, instead of recommending early adoption of no first use, the Commission appears to have relegated this to a medium term goal with a target date of 2025. The ICNND has introduced conditions which have caused confusion over the definition, but such a distant target sends the wrong signal at this critical time.

It is reported that the Japanese Commissioner and Advisors were largely responsible for delaying the target dates of these recommendations on the grounds that they would weaken the US extended nuclear deterrent (nuclear umbrella). This is a spurious and counterproductive argument. It is most regrettable if the Japanese Commissioner and Advisors played an obstructive role on these issues. It is governments which in the end must act to progress nuclear disarmament. Bearing in mind that the Commissioners and Advisors were appointed before the change of government in Japan and the United States, and that the Commission’s independence is inherently compromised by the Japanese Co-chair being a senior serving (now opposition) politician, the Japanese and Australian Governments should take policy leadership and not allow their needed support for concrete steps to progress a world free of nuclear weapons at this vital time to be weakened or delayed. Both governments should immediately declare their support for a reduction in the role of nuclear weapons and adoption of no first use doctrine as necessary early steps towards the elimination of nuclear weapons.

We are also concerned that no date was set for a ban on the use or threat of use of nuclear weapons, and that a target number of 1000 nuclear weapons by 2025 reported in the media before the Hiroshima meeting was raised after the meeting to “less than 2,000”. We are concerned that a process of settling on the “lowest common denominator” is compromising the Commission’s work, and reducing its potential to gain wide civil society support, to inspire and to lead. We hope the Commission will yet strengthen its recommendations and provide real leadership and effective advocacy towards a world free of nuclear weapons.

In the lead up to next year’s NPT Review Conference, we call on all governments by concrete action to strengthen the momentum towards a world without nuclear weapons generated by recent events, including President Obama’s speech in Prague in April and the UN Security Council Resolution of September. Bolder leadership is called for in order to overcome the profound dangers now facing humanity and seize the present historic opportunity to achieve a world free of nuclear weapons.

1. Summary of ICNND’s first meeting held in Sydney by Japanese Ministry of Foreign Affairs, 24 October 2008.

Signatories

Haruko Moritaki (Japan)
Co-Director, Hiroshima Alliance for Nuclear Weapons Abolition (HANWA)
Co-Chair ICNND Japan NGO Network
Masayoshi Naito (Japan)
Board Member, Japan Association of Lawyers Against Nuclear Arms
Co-Chair ICNND Japan NGO Network
Terumi Tanaka (Japan)
Secretary-General, Japan Confederation of A- and H- Bombs Sufferers’ Organization. (Nihon Hidankyo)
Co-Chair ICNND Japan NGO Network
Masao Tomonaga (Japan)
Nagasaki Citizens’ Assembly for the Elimination of Nuclear Weapons
Co-Chair ICNND Japan NGO Network
Ime John, M.D. (Nigeria)
Co-President, International Physicians for the Prevention of Nuclear War (IPPNW)
Sergey Kolesnikov, M.D. (Russia)
Co-President, International Physicians for the Prevention of Nuclear War (IPPNW)
Vappu Taipale, M.D. (Finland)
Co-President, International Physicians for the Prevention of Nuclear War (IPPNW)
Bill Williams (Australia)
President, Medical Association for Prevention of War (MAPW)
Akira Kawasaki (Japan)
Executive Committee Member, Peace Boat
NGO Advisor to the ICNND Co-Chairs
Tilman Ruff (Australia)
Chair, International Campaign to Abolish Nuclear Weapons (ICAN)
NGO Advisor to the ICNND Co-Chairs

One Response to ICNND広島会合に関するNGO声明 NGO Statement Concerning the Hiroshima Meeting of the ICNND

  1. […] →当該記事へのリンクはこちらから。    ●舟橋喜恵さん(原爆被害者相談員の会)の投稿 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。