「2025年に千発」合意できず。2012年までに役割限定宣言、2025年までに先制不使用 No agreement on “1000 nukes by 2025”, sole purpose declaration in 2012, non first use in 2025

IMG_3788

(写真は、10月17日に市民社会との対話にのぞむ両共同議長。被爆者や市民の訴えをどう聞いたのだろうか)

ICNND広島会合が終わり、共同議長による記者会見が開かれ、委員会として報告書に盛り込む内容の概要が発表されました。報道によると、(1)2025年までに「核兵器が1,000発の世界」をめざすという案があったが、それの合意は達成できなかった。記者会見では2025年にめざす数字は発表されなかった(共同通信は「2025年に2,000発前後に設定したとみられる」と報じています)、(2)核兵器の役割の縮小に関しては、「核の唯一の役割は核抑止である」とする宣言を2012年までに、核の「先制不使用」を2025年までに達成することが「委員会で合意された」とのことです。これらの報道へのリンクを以下に紹介します。

The ICNND meeting has concluded, and through a press conference by the Co-Chairs the overall summary of contents to be included in the Commission’s report has been announced.  According to media reports, 1) although there was a proposal to aim for “a world with only 1,000 nuclear weapons” by 2025, agreement was not reached on this point. The number to be aimed for by 2025 was not announced at the press conference (Although Kyodo Tsushin has reported that the number will likely be set at around 2,000 by 2025) , 2) In regards to the reduction of the role of nuclear weapons, the Commission agreed that “the only role of nuclear weapons is for nuclear deterrence” should be declared by 2012, and that “non-first use” should be declareed by 2025.
Media links on this topic are listed below.

核廃絶行動計画で合意 国際賢人会議 2009.10.20 共同通信 (Kyodo Tsushin)

核廃絶行動計画で合意 国際賢人会議 2009.10.20 デイリースポーツ (Daily Sports)

核先制不使用25年までに=核軍縮国際委が閉幕-広島 2009.10.20 時事通信 (Jiji Tsushin)

Nonproliferation Panel Gives Up Nuke Cut Target, Bernama, 20 October 2009

「25年までに千発」断念 広島の軍縮賢人会議 2009.10.20 共同通信 (Kyodo Tsushin)

核軍縮国際委:「25年以降に廃絶」提言へ 広島会合閉会 2009.10.21 毎日新聞 (Mainichi Shimbun)

International panel calls for nuke disarmament after 2025 at conference in Hiroshima, Mainichi Daily, 21 October 2009

A-Bomb Victims, NGOs Dissatisfied With Nuclear Panel’s Action Plans, Bernama, 21 October 2009

DISARMAMENT: Closer to Making Utopia Feasible?, IDN InDepthNews, 2009

Nuke panel’s plans not quick enough: hibakusha, NGOs, Japan Times, 24 October 2009

Editorial: No-nukes action plan, Japan Times, 26 October 2009

ICNND広島会合に思うーー先立つ国益を不信?高い目標示せず、2009.10.22、広島平和メディアセンター(中国新聞)

Reflections on the ICNND meeting in Hiroshima: Failure to set a higher goal, Hiroshima Peace Media Centre (Chugoku Shimbun), 31 October 2009

One Response to 「2025年に千発」合意できず。2012年までに役割限定宣言、2025年までに先制不使用 No agreement on “1000 nukes by 2025”, sole purpose declaration in 2012, non first use in 2025

  1. 乗松聡子 より:

    川崎さんお疲れさま。

    報道を見ているだけでは、どのような交渉が行われて目標値を緩めるに至ったのか、「一部の核保有国」とは誰のことなのか、核の傘にしがみつく日本側からの抵抗はあったのか、等、疑問に答えてくれる情報が見つかりません。かたや広島球場で2020の人文字のプロジェクトがありこれは素晴らしいと思ったのですが、2020年までに核廃絶を、という平和市長会議・広島長崎プロトコルの目指すものとこのICNNDが「現実的に」目指すもののギャップはどこから来るのか、これもわかりません。もうすぐきっと川崎さんによる詳細の分析が上がってくると期待していますが、何か煮え切らない、盛り上がらない感じが伝わってきます。きっとNGOの皆さんにとってもストレスのたまる会議だったのではないでしょうか。情報不足でいろいろ想像だけでものを言っております。

    感謝の気持ちとともに

    乗松聡子

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。