報告書草案の全容判明–共同通信が報道 Draft Report contents made clear – Kyodo News reports

明日からの広島会合を前に、現在検討されているICNND報告書の最終案の全容が判明したと、共同通信が報道しました。「2025年までに核兵器が千発以下の世界をつくる」という目標を掲げつつ、「核の政治的・軍事的役割の低下を図る具体的措置は後退した」としています。具体的には、核保有国に核の「唯一の目的」を核戦争阻止に限定するという宣言を行うことを求める期限を、2012年に先送りし、核の「先制不使用」政策採用も「2010年から2025年に変更され」たと報じています。

25年に「核千発以下の世界」を 核軍縮報告書草案の全容判明 2009.10.16 共同通信

In advance to the Hiroshima meeting starting tomorrow, Kyodo News has reported the contents of the final draft of the report currently being considered by the ICNND. The report allegedly sets the goal of “creating a world with less than 1000 nuclear weapons by the year 2025”, while also saying that “the concrete measures for the cut of the political and military role of nuclear weapons have regressed.” Specifically, it postpones the declaration of the limitation of nuclear weapons for the nuclear weapon states to the “only purpose” of preventing nuclear war to 2012, and it is reported that the proposed adoption of a policy of nuclear no first use is to be “changed from 2010 to 2025.”

A world with less than 1000 nuclear weapons by 2025: Draft of nuclear disarmament report made clear 2009.10.16 Kyodo Tsushin (Japanese)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。