日本は核軍縮の障害になるな―世界からの警告 Japan should not be an obstacle for nuclear disarmament: warnings from around the world

(English is below)

ICNNDにおいて「核の役割限定」をめぐって日本の委員が抵抗しているという問題についてはすでにお知らせしました(詳細はこちら)。

この問題との関連で、世界各国の核問題の専門家らが、「このままでは日本が核軍縮の障害になってしまう。核政策を見直すべきだ」という声を次々と寄せています。

以下に、その一端を紹介します。

●9月22日、米国の安全保障問題専門家らがオバマ・鳩山両首脳らに「核の役割限定」を求める書簡を送りました。

詳しくは:核情報をご覧ください。

●10月10日、毎日新聞に「鳩山政権は核政策を包括的に見直せ」というタイトルで、ティルマン・ラフ(ICAN、ICNND・NGOアドバイザー)、ジョン・ロレッ

ツ(IPPNW)の共同論説が載りました。

*日本語 「鳩山政権は核政策を包括的に見直せ」(PDF)

*英語  “Japan would be safer without extended deterrence” [和訳:拡大抑止がないほうが日本は安全だ]

●米国のオバマ政権に近い専門家、シリンシオーネ氏は、10月12日の中国新聞のインタビュー記事で、米国の核態勢見直しを「日本政府の姿勢が左右」すると語っています。

*日本語 「ヒロシマと世界:米国の核体制見直し 日本政府の姿勢が行方左右」

*英語   “Hiroshima and the World: Opportunity to Lead: Japan’s Critical Role in the Elimination of Nuclear Weapons”

●川崎哲ピースボート共同代表(ICNND・NGOアドバイザー)は、9月2日付の朝日新聞「私の視点」で、「世界の流れに逆行する日本」と題して、新政権が「核の役割縮小」に真剣に取り組むべきだと訴えています。その英語版は、10月10日付の「ヘラルド朝日」(朝日新聞英語版)に掲載されています。

*日本語 「世界の流れに逆行する日本」(PDF)

*英語  “Japan should end reliance on U.S. nuke umbrella” [和訳:日本は米国の核の傘への依存をやめよ]

See below for English

The problem of Japanese Commission members resisting the reduction of the role of nuclear weapons within the ICNND has been mentioned previously on this blog (see here).

In relation to this, experts from around the world are increasingly pointing out that “if this continues, Japan could become an obstacle to nuclear disarmament. Japan should reconsider its nuclear policies.”

Here are some such examples.

● On 22 September, US security experts sent a letter calling for the reduction of the role of nuclear weapons to President Obama and Prime Minister Hatoyama. See here for more details: 核情報

● On 10 October, the Mainichi Shimbun (newspaper) published an article by Tilman Ruff (ICAN, ICNND NGO Advisor) and John Loretz (IPPNW), indicating the need for a comprehensive review of Japan’s policy by the Hatoyama administration.

“Japan would be safer without extended deterrence”

● Joseph Cirincione, a specialist close to the Obama government, published an article in the Chugoku Shimbun on 12 October showing the ey role that Japan can play in the US Nuclear Posture Review.

“Hiroshima and the World: Opportunity to Lead: Japan’s Critical Role in the Elimination of Nuclear Weapons”

● Kawasaki Akira (Peace Boat / ICNND NGO Advisor)’s opinion piece in the Asahi Shimbun (2 September) demonstrated Japan’s going against the international flow of nuclear disarmament, and calling for the new government to make serious efforts towards reducing the role of nuclear weapons. The ENglish version of this article was published in the Asahi Herald Tribune on 10 October.

“Japan should end reliance on U.S. nuke umbrella”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。