「核の役割限定」をめぐって日本が抵抗–豪日メディアが報道 Media reports on Japan’s resistance to limiting the role of nuclear weapons

ICNNDにおいて、核兵器の先制不使用など「核の役割限定」を核保有国に求める提言が検討されているが、これに対して日本が抵抗しているということが、9月4日に豪州The Age紙に、9月14日には共同通信の記事として中国新聞ほか各紙に掲載されました。

The recommendation calling for nuclear weapon states to reduce the role of nuclear weapons in their security policies, for example through declaring no first use, is being debated by the ICNND. Reports on Japan’s opposition to such a proposal have been published in The Age (Australia) on 4 September, and the Japanese news agency Kyodo Tsushin on 14 September.

Australia, Japan in nuclear rift The Age, 4 September 2009

Disarmament: words don’t match actions The Age, 4 September 2009

「核の傘」弱体化に抵抗 米への新戦略勧告で日本 中国新聞 2009年9月14日 (Chugoku Shimbun, 14 September 2009)

日本が「核の傘」弱体化に抵抗 米への賢人会議・新戦略報告で 共同通信 2009年9月13日 (Kyodo Tsushin, 13 September 2009)

「被爆国が障害」と批判も 専門家、政権交代後を注視 中国新聞 2009年9月14日 (Chugoku Shimbun, 14 September 2009)

Nuclear Panel Heads Disagree on First Use Global Security Newswire, 8 September 2009

Japan Worry of  ‘No First-Strike’ Proposal UPI, 13 September 2009

Japan Reluctant to Accept Proposal for US to reduce its N-role Zeenews, 13 September 2009

なお、川口議長が8月26~28日に開催された国連軍縮新潟会議の場で、日本周辺の安全保障環境の改善といった条件が整うまでは「核の傘」の役割を低減させることはできないという趣旨の発言をしたことが、すでに国際的に報道されています。

ICNND Co-Chair Kawaguchi Yoriko’s statements at the UN Conference on Disarmament Issues held in Niigata between 26-28 August, suggesting that Japan could not reduce the role of the nuclear umbrella until conditions including the improvement of the security environment in the region surrounding Japan have also been reported internationally.

UN Conference Mulls Over Nuclear Abolition IPS Europe, 31 August 2009

「核の傘」が議論に 国連軍縮会議始まる しんぶん赤旗 2009年8月27日 (Shimbun Akahata, 27 August 2009)

これに対して、日本のNGO、市民社会団体からは、核の傘からの脱却に向けて核兵器の役割を縮小することこそが日本の世論を反映した政策であるという主張が、各紙のメディア論説を通じて国内外に発信されています。

Japanese NGOs and civil society have subsequently voiced in media opinion pieces, both domestically and internationally, that reducing the role of nuclear weapons as a step towards removing Japan from the nuclear umbrella is in fact reflective of the Japanese public opinion.

Japan Ready for ‘No Nukes’ Shingo Fukuyama and Hiromichi Umebayashi, Japan Times, 25 August 2009

Japan Could Press U.S. to Adopt “No-First-Use” Nuke Policy Global Security Newswire, 28 August 2009

Global Solidarity to Denuclearize Daisaku Ikeda, Japan Times, 8 September 2009

核軍縮 世界の流れに逆行する日本 川崎哲 朝日新聞 2009年9月2日 (Kawasaki Akira, Asahi Shimbun, 2 September 2009)

3 Responses to 「核の役割限定」をめぐって日本が抵抗–豪日メディアが報道 Media reports on Japan’s resistance to limiting the role of nuclear weapons

  1. […] 問題についてはすでにお知らせしました(→詳細はこちら)。 […]

  2. […] 日本は核軍縮の障害になるな―世界からの警告 ICNNDにおいて「核の役割限定」をめぐって日本の委員が抵抗しているという問題についてはすでにお知らせしました(詳細はこちら)。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。