「非核投票キャンペーン」が始まりました Non-nuclear Weapon Voting Campaign

ピースプレッジ・ジャパンが、来る衆議院選挙に向けて非核三原則の堅持を明確にする候補者および政党に投票を行う「非核投票キャンペーン」を開始しました。このキャンペーンは、(1)非核三原則の遵守を明示する候補者・政党に投票する有権者の署名(「誓約」)をまず集め、(2)その署名を前提として全候補者に非核三原則遵守の是非をアンケート調査し、そして(3)署名した有権者にアンケート結果をお知らせし投票の参考としてもらう、 というものです。同キャンペーンでは、多くの人が以下のウェブサイトにアクセスして「私は、非核三原則を堅持し、核兵器のない世界を目指す政党、候補者に投票します」という誓約(署名)をするよう呼びかけています。

非核投票キャンペーンはこちらから

★この日各投票キャンペーンが、以下の通り報道されました。

非核三原則支持で投票 2009年8月22日 共同通信

Peace Pledge Japan, in cooperation with Governance Design Laboratory (GDL), following the 2007 elections, has decided to launch a “Non-nuclear weapon voting campaign” at the occasion of the upcoming House of Representatives election in 2009. To encourage candidates to abide by the “3 non-nuclear principles (Not to own, Not to manufacture, Not to bringing in), we ask each voter to pledge to “vote candidate and parties who commit to 3 non-nuclear principles and to the nuclear weapon free world”.

The campaign web site is here

It has also been featured in the media as follows:
“Vote in support of the three non-nuclear principles”, 22 August 2009, Kyodo Tsushin

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。