カーネギー国際平和財団のセミナー Carnegie Endowment for International Peace seminar

ワシントン会合は2月15日に終了しましたが、共同議長らや委員の一部はワシントンに残り、2月16日には包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)所長らと会談し、17日にはカーネギー国際平和財団でセミナー「ICNND:膠着の打開へ」を開催しました。
Although the Washington, D.C. meeting concluded on February 15, the Co-Chairs and a number of Commission members remained in Washington, D.C. to meet on February 16 with the head of the Comprehensive Test Ban Treaty Organization (CTBTO), and participate in the seminar “ICNND: Breaking the Stalemate”.

カーネギー・セミナーに関して、以下のようなニュースが報道されています。ICNNDが、原子力産業界における「行動規範」の策定を呼びかけようとしていると報じています。
The following news has been published in regards to the Carnegie seminar.

High-level nuclear panel may call for industry ‘code of conduct’ (19 February 2009)

カーネギー財団による報告はこちら↓

The International Commission on Nuclear Non-proliferation and Disarmament: Breaking the Stalemate (17 February  2009)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。